上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
平成27年 2月28日
天候 晴れ
ルート 氷ノ山国際スキー場から東尾根ルートのピストン

s-P2280076.jpg
福定親水公園の少し手前にある、国際スキー場の駐車場。
駐車料金は平日一日500円、土日祝日は1000円だ。
ここからリフトを2本乗り継いでゲレンデに向かう。
福定親水公園~国際スキー場に向かう林道は除雪されておらず通行できなかった。

s-P2280077.jpg
リフトの料金は、登山者は表の一番下に記載されている「新登行リフト+パノラマリフト」となる。

s-P2280079.jpg
HPにはリフトの運行開始は8時30からと書いてあったが、8時頃から乗ることができた。
新登行リフト乗り場のチケット販売所は閉まっていたので、パノラマリフト乗り場の手前にある販売所でチケットを購入する事に。なのでここはチケット無しでリフトに乗り込んだ。

s-P2280080.jpg
十数年振りに乗るリフト。
新登行リフト(HPには新ビギナーリフトと記載されている)は短い。

s-P2280082.jpg
パノラマリフトの手前でリフト券を購入。

s-P2280083.jpg
100円のチケットが5枚綴りとなっている。
内訳は新登行リフトが片道200円、パノラマリフトが300円だ。

s-P2280086.jpg
パノラマリフトは長い。寒い。

s-P2280087.jpg
8時25分 氷ノ山国際スキー場ゲレンデ
ここで装備を整えて出発。

s-P2280126.jpg
東尾根登山口

s-P2280090.jpg
尾根に出るまでの序盤のルートは分かり難い。
赤いテープとGPSを頼りに斜面を登る。

s-P2280091.jpg
9時25分 東尾根避難小屋

s-P2280094.jpg
中盤の尾根道はスノーシューでは歩きにくかったので、アイゼンに履き替えた。
部分的にクラストしているのでアイゼンの方が歩きやすかった。

s-P2280097.jpg
広い斜面に出た所で再びスノーシューに履き替え。
しかし途中に四つんばいになって登る様な急斜面があり、柔らかい雪ではスノーシューはずり落ちるばかり。
グローブごと雪面に手を突っ込んで何とか登ったが、アイゼンのままなら雪面を蹴り込んでもう少し楽に登れたかも知れない。

s-P2280107.jpg
山頂手前、樹氷と霧で斜面が見渡せず少し迷ってしまった。
ようやく樹氷地帯を抜けてから振り返り、写真を一枚。

s-P2280108.jpg
12時21分 山頂避難小屋

s-P2280114.jpg
初めて中を覗いてみた。

s-P2280116.jpg
2階には布団や毛布もあった。
誰もいなかったので食事休憩をしようか迷った末、さっさと下りる事にした。

s-P2280128.jpg
国際スキー場まで下りてきて、帰りのリフトにて。
当たり前だがスキーやスノボならリフトは上りにしか使用しない。下りのリフトに一人ぼっち。
装備や格好で登山者と判るはず、と思ってみても何だか恥ずかしかった。

s-氷ノ山2015




pagetop
日時  平成27年2月4日 晴れ
ルート 五番関~大天井ヶ岳のピストン

2年ほど前に洞川温泉方面から吊り橋を渡り、岩屋峰経由で大天井ヶ岳に登った事があった。
その時はそのまま吉野山を越えて、その日の内に近鉄電車で自宅に戻るという計画を立てた挙句、少し大変な目にあってしまった。

今回は五番関から登ることにした。このルートは初めてとなる。
前日に登山地図でルートと大まかな所要時間を確認。
この時重大な地図の読み間違いをしてしまい、1時間近く五番関を探して彷徨う事になってしまった。
トンネルを示す線(破線)が薄くて見落してしまい、その横の赤い線(登山ルートを表す)が綺麗な直線だったため、てっきりこの赤い線はトンネルを抜けているんだなと思い込んでしまった。
そしてその夜自宅を出発。

休憩や仮眠を取りながら、午前5時45分に母公堂に到着。他に2台の車が止まっていた。
1組の登山者が、まだ暗い内にヘッドランプを灯して、法力峠方面に向かう登山口へと歩いていった。
それを車内から見送ってすぐに自分も支度をしたが、地図を家に忘れてくるというミスに気づいた。
しかし事前の確認はしてあるし、GPSも持っているのでさほど気にせずに、うっすらと明るくなり始めた6時半頃、五番関方面に向かって出発。

s-P2040020.jpg
清浄大橋に向かう手前に、毛又橋があるのでそれを渡って川上村方面へと進む。

s-P2040026.jpg
五番関トンネルまでひたすら林道を歩く。緩やかな登りとなっている。
積雪は少なくほんの少し凍っている場所もあるが、アイゼンなどは必要なく歩けた。

s-P2040029.jpg
7時29分 五番関トンネル入り口に到着。
右側に休憩場所が見えるが、その脇に本来の登山口がある。
そうとも知らずに不気味なトンネルを歩いて抜けていく・・・
何度も振り返ってしまった。

s-P2040030.jpg
トンネルを抜けると綺麗な景色が広がっていた。

s-P2040033.jpg
そのまま林道を歩きかけたが、下り始めたのでGPSを見ると五番関から遠ざかっている。
引き返すとトンネル出口の近くに堰堤があり、何やら階段が見える。
まさかここを登るのかな、と思った。
他に登山口らしき場所もなく、7時44分 半信半疑のまま登り始めた。

s-P2040034.jpg
GPSで五番関の方角は分かるので、谷を遡ろうとしたが岩やら倒木やらがえらい事になっていて、とても登れたものじゃない。少しでも歩きやすそうな場所を探し、右往左往を繰り返す。

s-P2040036.jpg
雪に埋もれているのは鉄の階段か何かだった。もしかしてこのルートは古くて使われてないのか、と思った。
迂回して少しでも登れそうな斜面を探し、雪に靴を蹴り込んだり木の幹を支えにしながら少しずつよじ登った。

s-P2040037.jpg
8時22分 迂回しながらも少しずつ高度を上げていくと、ようやく案内の標識を発見。ただの斜面だった所から道に出られた事で一安心した。標識に従い五番関方面に向かう。

s-P2040038.jpg

s-P2040040.jpg
ところがこれまた道などと呼べる所ではなかった。歩いている雪の下は岩ばかり、小規模な雪崩れの跡も横切るハメに。
しかし次第にGPSの画面に五番関の表示が現れてきたので、おかしな所を歩いてはいるがそれなりに落ち着いていた。

s-P2040043.jpg
8時48分 彷徨う事約1時間、やっとの思いで五番関に到着。
ここで自分の間違いが判明する。

s-P2040045.jpg
至林道 トンネル口と書かれた標識は、今自分が登ってきた方角とは間逆、つまりトンネルの入り口側を指している。

更に別の注意書きには 百丁茶屋方面に抜ける在来道は崩落の為通行不可、吉野方面へは大天井ヶ岳を経由する必要がある の様な趣旨が書いてあった。

(ああ・・登山口を間違えて、その崩落地帯をたった今歩いてきたのか、どうりで・・・)納得がいった。

GPSとは便利な物で、これのおかげで道を外しても辿り着く事が出来た。しかし皮肉にもこれを持っていた為に引き返すという判断をせず、方角は正しいのだからと危険な場所を強行に進んでしまった。

s-P2040046.jpg
まだ登山は序盤、気を取り直して大天井ヶ岳に向かう。

s-P2040047.jpg
予想以上に道は狭く、終始木の枝が邪魔で、何度も頭から雪をかぶりながら登った。

s-P2040048.jpg
時折木々の切れ間から景色が見える程度で、基本的に展望は良くない。

s-P2040057.jpg
10時8分 大天井ヶ岳 山頂

s-P2040060.jpg
風も無く大して汗もかいていない、山頂から見える僅かな景色は綺麗だったので、ラーメンを食べて少し落ち着いた後に下山。

s-P2040064.jpg
五番関から案内通りの正しい道を下りる。足元は悪いが谷に沿って下りていくと、あっさりと林道に出た。

s-P2040069.jpg
ちゃんと標識もある。

s-P2040070.jpg
木が多くて道が分かり難いが、ストックの向いている方向に登って行く。
基本的には谷に沿って登る感じだった。

s-大天井ヶ岳2015
今回はアイゼンとスノーシューを持って行ったが、どちらも使用せずとも登ることが可能だった。
アイゼンは持っておいた方がいいが、スノーシューは使い所が無かった。
林道の雪がもっと深ければ、楽しいスノーシューハイクが出来たかも知れない。

帰宅後すぐに地図を開いてよく見ると、確かにトンネルの破線が書いてあり、登山道はトンネルに沿うように直線で書かれていた。

pagetop
平成27年1月24日 晴れ
坊村→御殿山→山頂のピストン

今回はスノーシューハイキングという事で、
約2年振りに武奈ヶ岳に登ってきた。

前回登ったときは、初めてワカンを使用した時だった。

序盤の急斜面さえ登ってしまえば、あとはワカンやスノーシューでも
登りやすい斜面だった様に記憶していたが・・・

s-P1240002.jpg
葛川市民センターの駐車場に車を停めさせてもらいました。
早朝4時に着いて少し仮眠後、7時登山開始。

s-P1240005.jpg
明王院。思ったより積雪は少ない模様。

s-P1240008.jpg
御殿山に向かう途中。確かにスノーシューでも歩きやすいが、木の枝が邪魔でおのずと歩く場所が限られてしまい、結局ほとんど踏み跡の上を歩く事になってしまった。

s-P1240014.jpg

s-P1240015.jpg

s-P1240018.jpg
御殿山からの景色。

s-P1240020.jpg

s-P1240022.jpg

s-P1240023.jpg
ワサビ峠から登り返して山頂手前の斜面。
ここは広々していたのでスノーシューで歩くのも楽しかった。

s-P1240028.jpg
11時28分 山頂到着。

s-P1240034.jpg
写真では分かり難いが、琵琶湖がよく見えていた。

結局スノーシューの本領が発揮されたのは山頂付近だけだった様な気がするが、今日の山登りが楽しかった事に変わりは無いので良しとしよう。

s-IMG_20150124_145018.jpg
下山後、登山口近くの「茶坊」という食堂で遅めの昼食。
よもぎそばと地鶏のすき焼き風丼。
2年前と同じ物を注文した。

食堂の方は2品も食べれるのかという感じで少々驚いた様子だったが
余裕で平らげた。

帰りに少し寄り道をして、比良とぴあという温泉施設で汗を流して帰宅。





pagetop
平成27年1月16日 晴れ時々曇り 無風
清浄大橋→洞辻茶屋→山頂のピストン

久しぶりに雪が積もった山上ヶ岳に登ってきた。11月の無雪期にも訪れたので2ヶ月振りになる。
本当は前日に登る予定だったが、天気予報が雨だったので予定を一日繰り下げた。
翌日は晴天が広がり、とても良い登山日和となった。

s-P1160051.jpg
母公堂から先は冬季通行止めとなっていたが、雪は深くなさそうだったので一応タイヤにチェーンを付けて奥まで行ってみたところ、清浄大橋の駐車場まで行くことができた。
6時55分登山開始

s-P1160061.jpg
さすがに悪天候の翌日だった為か、他に誰かが登ったような跡は無い。

s-P1160065.jpg
二少年遭難碑のあたりから少しずつ雪が深くなりはじめたので、昨年末に購入したスノーシューを装着。初めて使ってみたが、新雪の上でも沈む事無く滑るように歩く感覚が楽しかった。

s-P1160070.jpg
洞辻茶屋辺りからの眺め。雲海が広がっていた。もっと上から雲海が見たいと先を急いだ。

s-P1160080.jpg
だらにすけ茶屋を抜け、鐘掛岩方面へは行かずに新道から山頂方面に向かった。
傾斜がきつくスノーシューでは滑ってしまうのでアイゼンに履き替えたが、とたんに潜る潜る。
なかなか進めない、というより斜面を上がっていけないので手も使って這う様な感じで何とか尾根まで辿り着いた。写真の様に斜面がごっそりえぐれている所もあり、この辺りが唯一の難所だと思った。

s-P1160096.jpg
やってきました西の覗き

s-P1160101.jpg
西の覗きから見る雲海のパノラマ写真

s-P1160105.jpg
宿坊

s-P1160112.jpg
13時30分ようやく山頂に到着
実に6時間35分も掛かってしまった。
しかもラーメンを作ろうとしたら箸を忘れていた。無念の下山・・・







pagetop
8月29日 天候曇り時々晴れ

午前5:30起床 車から出てお湯を沸かし、カップヌードルを食べた。
空を見ると曇ってはいるが、前日よりかはましで時々晴れ間がさしていた。
半袖では寒いので、合羽を羽織って山登りの準備を進めた。

s-DSC01885.jpg
鍋平園地駐車場から錫杖岳の方を見上げる。
これでも前日よりはましと思える天気なのです。

s-DSC01901.jpg
駐車場を出発し、歩くこと約20分、新穂高第2ロープウェイ(鍋平高原駅)に到着。土産屋や食事処、露店なんかもあった。

すぐ隣は日帰り温泉も入れるビジターセンターがあり、施設は充実している。

往復券は2800円で、6kg以上の荷物は別途300円必要だった。

s-DSC01904.jpg
西穂高口駅到着。
晴れていたらさぞ綺麗な景色なんだろう。

s-DSC01908.jpg
9:00 合羽を脱ぎ、登山口に向かって案内どおりに遊歩道を歩く。

s-DSC01911.jpg
登山口から西穂山荘までの登山道は、木が生い茂っているので特に景観を楽しむでもなく淡々と歩を進める。

いつもはザックにミネラルウォーターを入れているが、今回は塩分補給も考えてスポーツドリンクを持って来た。疲れを感じる前に、こまめに口に含みつつ登る。

s-DSC01914.jpg

s-DSC01917.jpg
10:08 西穂山荘到着
体調も膝も問題なし。ありがたい事に天気も持ちこたえている。

s-DSC01916.jpg
テント場。来年はここでテント泊もしたいですね。

s-DSC01919.jpg
10分ほど休憩した後、続きを登り始める。

s-DSC01920.jpg
山荘より上になると、大きな石が目立ってくる。

s-DSC01921.jpg
振り返ると時々晴れ間が見える。

s-DSC01923.jpg
山荘が小さくなっていく。

s-DSC01922.jpg
前日遊んだ上高地が見える。あれは大正池だな。

s-DSC01926.jpg
雲は多いけど一応パノラマ写真も。

s-DSC01934.jpg
10:40 丸山というポイントに到着。

s-DSC01936.jpg
石に足を取られない様に気を付けて歩く。それとこういう道を歩いてみて分かったのだが、適当に歩くと後ろ(下)に石が転がっていく事があったので、自分のせいで後ろから来る人が怪我をしない様に、足の置き方にも気を付けなければいけないと感じた。

s-DSC01945.jpg
今回の目的地である西穂高独標(の影)が見えてきた。しかし雲の中にいるのか、風が冷たくて寒くなってしまった。半袖だったので腕は鳥肌が立っていた。

s-DSC01946.jpg
この辺りまで来ると道はかなり狭く、登山道横の斜面はずいぶん急斜面、というより崖になっている。この日はそよ風程度だから良かった。風が強かったら進む自信はない。

s-DSC01949.jpg
ガスが切れてはっきりと見えた。よく見ると岩に○や×や→のペイントが書かれている。

s-DSC01951.jpg
ペイントに従って、岩登りにチャレンジ!

s-DSC01959.jpg
11:45 無事、独標に到着。

s-DSC01963.jpg
登っているときは夢中だったが、上から見下ろすと自分にとってはここでも十分高い岩場だったと実感が沸いた。

s-DSC01965.jpg
昼頃から天気はかなり良くなり、上高地もより鮮明に見渡せた。

s-DSC01958.jpg
西穂高の山頂方面。いつかは行ってみたいが、今は眺めるだけで満足。

s-西穂高岳
パノラマ。もう少し雲が無ければな~

s-DSC01952.jpg
救助のヘリが何度も飛んでいた。
方角は、北穂高とか奥穂高とかそっちの方にずっといた様に見えた。

暫く景色を楽しんでいると独標に登ってくる人が増えてきたので下りることにした。

s-DSC01969.jpg

s-DSC01975.jpg

s-DSC01972.jpg
登りの時よりも綺麗な景色を撮る事が出来た。

s-DSC01982.jpg
元の鍋平園地に戻ってきた。
ロープウェイの駅で買った「ハイジパン」とカップヌードルで遅めの昼食。

s-DSC01983.jpg
帰る前に、中崎温泉・奥飛騨の湯 で汗を流した。温泉の硫黄の匂いが心地よく、すっかり癒された。

北アルプスデビューは体調も天気も崩れる事無く、少しだけど岩登りも出来て満足度の高い山登りとなった。

来年来る時はロープウェイを使わずに登ってみたい。
pagetop
プロフィール

初心者ハイカー

Author:初心者ハイカー
近畿の里山をのんびり一人歩き。
夏山よりは冬山の方に興味があります。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。