上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
日時 平成25年3月22日
場所 金剛山(大阪・奈良)
天候 曇り→雨

日帰りハイキングの荷物でも邪魔にならないツェルトかシェルターを探していた所、ヘリテイジからストックシェルターという商品が紹介されていた。

調べてみると、トレランの人の御用達のアイテムらしく、最小限のスペースなだけあって軽くて小さい。

テント代わりとして常用するつもりはないので、これなら邪魔にならないだろうと思って購入してみた。

CIMG2371.jpg
重量はペグ2本込みで270g

大きさは、確かに小さいが袋が小さすぎて一度出すと入れるのが大変で、ペグを一緒の袋に戻す事は断念した。

CIMG2419.jpg
金剛山でテスト設営。
新品だからグラウンドシートを敷いたのだが、この後痛い目に合う。

それと、色々調整したがどうしてもピンと張る事が出来なかった。

CIMG2420.jpg
寝るスペースは狭いが、両脇に物を置くスペースは意外に多い。
今回はビバークの練習と、日帰りで必要な荷物の取捨選択が目的だ。

ギブアップした時の逃げ道として、シュラフも持参したがこの日は使用しなかった。

ビバークも想定していたので、ザックの上に寝たのは良いが、ザックの厚みのせいで座る事が出来なくなった。俺の身長は174cm、ザック無しだと何とか座れたが、ザックがあると頭と肩が天井に接触してしまう。

CIMG2425.jpg
シュラフカバーに包まって寝ようとするが眠れず。
あまり寒くは無く、これなら楽勝だろうとタカを括る。

DSC_2275.jpg
19時頃から雨が降り始めた。前日までの予報では、確か今日まで晴れで明日に崩れるはずだったのに・・・

でも当日の出発前に予報を見なかった自分が悪いのだと思い、ビバーク練習は続行する事に。雨が降って来た事でかえってビバークらしくなった。

DSC_2281_20130324015110.jpg
19:50縫製部分から雨が漏れ出して来た。
防水ではなくシーム処理もされていない事は、ヘリテイジのHPで確認して購入したので、特に驚きもガッカリもしなかった。

CIMG2429.jpg
20:00 気温5℃
ここは金剛山の山頂なので携帯の電波は入る。
天気予報を確認すると、雨は0時頃には止むようだ。

DSC_2284_20130324015113.jpg
換気をしたいがベンチレーターが無いので、入り口を開けるとモロに雨が入る。仕方が無いのでタオルを置いて少しだけファスナーを開けておく。

DSC_2289.jpg
21:00 シェルター内はどこもしっとり濡れている。
ストックからも雨が伝って、滴が落ちて来た。

CIMG2445.jpg
22:00 気温2℃
風が出てきたせいか、寒くなって来た。
ずっと濃いガスに覆われていたが、この時間だけガスが切れる。

CIMG2443.jpg
グラウンドシートなんざ敷いたものだから、フロア部分に水溜りが出来てしまった・・・

DSC_2295.jpg
ガスが切れたお陰で鮮やかな街明かりが見えた。
写真を撮りまくったあと、金剛山ライブカメラに向かって両手を振ってみたら・・・

screenshot_2013-03-22_2218.png
俺の事言ってるぽい(笑)

しかし楽しかったのはこの時ぐらいまでで、雨はまだ暫く降り続き、ついにシュラフカバーまでが濡れてしまって靴下がぐしょ濡れになった。不快さと狭さと寒さのため我慢するのが大変で、ヘッドランプを点けて千早本道から下りて帰りたい気持ちを無理やり抑えて耐えた。夜に行動せず風を避けて我慢をするのも訓練のうちと、自分に言い聞かせ続けた。

CIMG2448.jpg
23:40 足が生地に接触しない様にレスキューシートを掛けたが時すでに遅し。もっと早く出しておけば足の濡れは防げたかもしれない。

だがこれのお陰で少し暖かくはなった。

CIMG2451.jpg
AM5:15 気温1℃
この時期の日の出時刻は5:45とスマホで確認したので、そろそろパッキングをする。

CIMG2453.jpg
捺印所横の自販機で朝食のカップラーメンを買って食べ終わった頃、空が明るくなり始めた。
しかもこの時間に、続々と年配の人達が登ってくるではないか。
ガスも暗闇も何のその、頼もしい人たちだ

CIMG2461.jpg
帰りは千早本道から下りる。前回来た時は気付かなかったが、階段の段差が低くなって、随分歩きやすくなってやしないか?
それでも下りているうちに膝が笑いだし、ゆっくりと下りていたら、山頂にいたはずの年配の登山者達が、みんな走って下りて行った・・・すごい体力と脚力、羨ましくなった。

DSC_2273.jpg
今回持参した日帰りの装備一式。

まず、ストックシェルターは、風除けとしては申し分ない気がした。
但しヘリテイジの説明にもある様に雨には弱い。その構造から生地をピンと張る事が出来ず、濡れると一気に弛んでしまい、頭と足は濡れた生地に常時接触する。ビバークは天候を選べないので、レインウェアのフードを被って、つま先はビニール袋を被せる等の防水対策は必要だろう。

それとビバークアイテムの一つとして、キャンドルランタンを買ったのだが、テストはできなかった。
雨のせいで換気があまりできなくて、酸欠が心配になったからだ。

とりあえず、細かい点でまだ装備の再考が必要なようだ。


pagetop
雪山でテント泊をする為の大型ザックを購入した。
60~70ℓぐらいの大きさで、あとは背負い心地や中身の広さなど、店員さんと相談しながら買った。
 
前回購入したオスプレーのケストレル48は、ロクな確認もせず購入した揚句に長時間背負うと肩の筋肉が痛くて堪らなくなるので、今回は失敗したくなかった。

そして気に入って買ったのがこれ
CIMG1937.jpg
ドイター・エアコンタクト75+10
重量:2900 g .サイズ:90 / 40 / 30 (高さ×幅×奥行) cm

オスプレーのイーサー70と背負って比べてみたが、重りを入れた状態でエアコンタクトの方が軽く感じた。背負った直後に店員に、イーサーの時と同じ重さの重りを入れたか聞き直したぐらいだ。腰のフィット感が特に気に入った。
 
背面長もその場で調整してもらった。

CIMG1938.jpg
背中側。クッションがゴツイ。
 
ウエストベルトのポケットは右側しか無いが、ケストレルの時よりも手が届きやすい。ポケットの位置が少し前ぎみに配置されているからだと思う。

CIMG1941.jpg
内部はジッパーで分割できる。

CIMG1943.jpg

CIMG1945.jpg
雨蓋の高さを変える事で容量が増える。
大型ザックにありがちな、雨蓋を外してウエストバッグになるギミックは・・・ない。

CIMG1946.jpg
フロント部分をガバーっと開ける事ができるので、中間部の荷物が出し易い。

CIMG1947.jpg
もちろん底の荷物も楽に出せる。

CIMG1948.jpg
ザックの底にはレインカバーが標準で内蔵されている。
 
レインカバーも高いので、無駄遣いが多い俺にはコスト面で大きなメリットだった。
 
レインカバーの色は青。一見派手だがザックの色が茶/黒なので、雪山で猟師に動物と間違えられるのが怖い時はカバーを被せておけば安心なはず。

CIMG1951.jpg

CIMG1952.jpg
雨蓋の中は広くて物が出し入れし易い。
内部に仕切りがあって、表と裏側それぞれ分けて入れられる。

sDSC_0165.jpg

sDSC_0163.jpg
ケストレル48と並べてみた。さすがにデカイ。

sDSC_0166.jpg
雪山1泊分の大まかな荷物を入れてみた。

内容は
 スリーピングマット
 シュラフ
 テント
 着替え
 小物(ヘッドランプや電池・カイロ等)
 ソフトシェル
 アイゼン
 ゴーグル
 グラウンドシート
 水1ℓ
 食料適当に2日分
 魔法瓶0.3ℓ
 ワカン
 ストック
 テントポール
 三脚
 グローブ
 ガスカートリッジ
 バーナー
 テントシート(銀マット)

CIMG1954.jpg
75ℓだから余裕かと思いきや意外にカツカツだった。しかもこれにスノースコップも付ける予定なのだ。どこに付ければいいんだ?
 
今回パッキングした分で、重量はザックを含めて14.1kgとなった。着実に重量が増えとる。三脚とか遊び道具まで入って来た。

実戦投入は多分年明けになるだろう。担ぐのは大変だが楽しみになって来た。
pagetop
雪山を歩く為のアイゼンとスノーシューを買いに行ったが、ショップの店長さんからスノーシューもいいけど登攀目的ならワカンという選択もありだとアドバイスを貰った。

個人的にも、最近装備を買いすぎて予算が厳しくなってきたという懐事情もあって、今回はスノーシューを諦めてワカンを購入する事にした。

CIMG1892.jpg
ブラックダイヤモンド・コンタクトクリップ

10本爪のセミワンタッチアイゼンなのだ。

CIMG1890.jpg
靴に履かせてみた。

CIMG1753.jpg
初めて手にした前爪のあるアイゼンにテンションが上がってしまう。

CIMG1743.jpg
部屋で履いてみた。早く雪山に行きたいのだ。

CIMG1893.jpg
アイゼンケースもブラックダイヤモンドで揃えてみた。

CIMG1895.jpg
んで、ワカンはマジックマウンテンのアルミワカンのLサイズ。

sIMG.jpg
ワカンのベルトは締め方が丁寧に書いてあるので簡単にできた。

慣れないうちは緩みやすいらしいので練習の必要あり。

CIMG1897.jpg
こんな感じになった。この輪っかがどれだけ威力を発揮するのか、楽しみでもあり不安でもある。



こんな感じでとりあえず雪山を歩く装備は手に入れたので、天気予報と相談していよいよ歩行練習に行ってみたい。
pagetop

2012/12/01

GPS

この冬は雪山ハイクに挑戦しようと思い、必要な装備を調べては買い揃えている。

手袋、ゴーグル、ストック(スノーバスケット付orz)、登山靴・・・

そして単独初心者の俺には欠かせないコイツ

s-DSC_0138.jpg
GARMIN etrex30(英語版)だ

TKA Planetという通販会社から購入した。本体29000円なり。

タッチパネルで画面も広いOregon450と迷いに迷ったが、電池の持ちと位置情報精度の高さを重視した。

地形図ソフトは高価で、日本全国版が24800円、西日本版・東日本版がそれぞれ12800円だ。

ただし、最新版地形図への更新は3500円で済むし、西(東)日本版から全国版へのアップグレードも12800円で出来る。

メニュー表示は、届いた時にはもう日本語化されていて、こちらで設定をする必要はなかった。

購入した地形図の入ったマイクロSDも本体にセット済。

ただ、マイクロSDのセットが甘かったらしく、初めてマップを表示させた時は画面が真っ黒であった。

あれこれ確認したり取説を見たが埒があかず時間だけが過ぎ、まさかな~と思いながら半信半疑でマイクロSDを差し直したら正常に表示された。

ちゃんと確認したんじゃないのかぃTKAさんよ!

まあ気を取り直してコンパスや高度などの校正方法を確認して、先週の山歩きで新しい靴と一緒にテストした訳ですよ。

s-DSC_0151.jpg
こんなガチ樹林帯でも・・・

s-DSC_0153_20121201223737.jpg
GPSの受信レベルはバッチリ最大級。

s-DSC_0152.jpg
ちゃんと登山道の上を示しとる。

トラックデータ
トレースを確認しやすくする為に、地形図にも記載されているオーソドックスなルートを選択した。

10mぐらいずれている所もあるが、充分満足のいく結果となり安心。

ウエストバッグに入れている時に、揺れで勝手にクリックスティックが押されるらしく、たまにマップを確認した時にルート案内になっていたり、何か線が追加で表示されてしまう。専用のホルダーはやはり必要な様だ。
pagetop

2012/11/18

登山靴購入

昨日から複数のショップを回って、今日一足の靴を購入。

CIMG1722.jpg
KaiLand(ケイランド)・アペックスデュアルガイドGTX
イタリアのメーカーだそうだ。

定価¥44100が¥34950と安くなっていた。

店員の人に、春・秋の3泊ぐらいの縦走と冬のスノーシュー・ハイキングがしたいですと言ったら、いろいろ説明してくれて持ってきてくれた。

WEBでの商品説明、スペックは下記の通り。

『耐久防水性、透湿性、保温性を兼ね備えた、GORE-TEX INSULATED COMFORT FOOTWEARを使用し、トレッキングからアルパインまで幅広く対応する耐久性に優れたモデル。』

●UKサイズ/4.5~10(23cm~28cm)
●カラー/02チャコール/オレンジ
●素材/アッパー:高耐久ナイロン+スエード+合成皮革+ラバーランド◯ライニング:GORE-TEX INSULATED
●重量/860g (UK8片足)
●ソール/二層EVA/二層PU+衝撃吸収材+TPUスタビライザー+Vibram MULAZ (ムラッツ)

最初、手にした瞬間は重いと思ったが、履いてみるとそうでもなかった。

UK9(27cm)を履いたが、つま先・踵の余裕はあるが、少し幅と高さがピッタリし過ぎな感じがした。

実際に山で何度か歩いてみて、あまりに窮屈なら幅の調整を無料でして貰える(1年間)らしいのでこれに決めた。

CIMG1725.jpg
足首の立ち上がり手前にDリングがあって、ここで一旦紐を固定できる。
足の甲側は緩めで、足首をしっかり締めるといった調整が可能。


CIMG1726.jpg
セミワンタッチアイゼンの装着ができる。

CIMG1732.jpg
安定したグリップで定番?のビブラムのソール。

CIMG1730.jpg
つま先はフラットになっていてクライミングゾーンと書いてある。
店員さんによると、岩場を登る時にこの部分が役に立つそうだ。

暫くは通勤で使ったり近所の山に登ってみて、痛い所が出て来ないか探って行こうと思う。

今回は大阪駅近くの好日山荘・石井スポーツ・ロッジと天王寺にあるヨシミスポーツを回ったが、最終的にヨシミスポーツで購入。一番接客・アドバイスが丁寧だったからだ。

スノーシューをやるにはまだまだ買い揃えないといけないので、また相談しに行ってみよう。
pagetop
プロフィール

初心者ハイカー

Author:初心者ハイカー
近畿の里山をのんびり一人歩き。
夏山よりは冬山の方に興味があります。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。