上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
平成27年 2月28日
天候 晴れ
ルート 氷ノ山国際スキー場から東尾根ルートのピストン

s-P2280076.jpg
福定親水公園の少し手前にある、国際スキー場の駐車場。
駐車料金は平日一日500円、土日祝日は1000円だ。
ここからリフトを2本乗り継いでゲレンデに向かう。
福定親水公園~国際スキー場に向かう林道は除雪されておらず通行できなかった。

s-P2280077.jpg
リフトの料金は、登山者は表の一番下に記載されている「新登行リフト+パノラマリフト」となる。

s-P2280079.jpg
HPにはリフトの運行開始は8時30からと書いてあったが、8時頃から乗ることができた。
新登行リフト乗り場のチケット販売所は閉まっていたので、パノラマリフト乗り場の手前にある販売所でチケットを購入する事に。なのでここはチケット無しでリフトに乗り込んだ。

s-P2280080.jpg
十数年振りに乗るリフト。
新登行リフト(HPには新ビギナーリフトと記載されている)は短い。

s-P2280082.jpg
パノラマリフトの手前でリフト券を購入。

s-P2280083.jpg
100円のチケットが5枚綴りとなっている。
内訳は新登行リフトが片道200円、パノラマリフトが300円だ。

s-P2280086.jpg
パノラマリフトは長い。寒い。

s-P2280087.jpg
8時25分 氷ノ山国際スキー場ゲレンデ
ここで装備を整えて出発。

s-P2280126.jpg
東尾根登山口

s-P2280090.jpg
尾根に出るまでの序盤のルートは分かり難い。
赤いテープとGPSを頼りに斜面を登る。

s-P2280091.jpg
9時25分 東尾根避難小屋

s-P2280094.jpg
中盤の尾根道はスノーシューでは歩きにくかったので、アイゼンに履き替えた。
部分的にクラストしているのでアイゼンの方が歩きやすかった。

s-P2280097.jpg
広い斜面に出た所で再びスノーシューに履き替え。
しかし途中に四つんばいになって登る様な急斜面があり、柔らかい雪ではスノーシューはずり落ちるばかり。
グローブごと雪面に手を突っ込んで何とか登ったが、アイゼンのままなら雪面を蹴り込んでもう少し楽に登れたかも知れない。

s-P2280107.jpg
山頂手前、樹氷と霧で斜面が見渡せず少し迷ってしまった。
ようやく樹氷地帯を抜けてから振り返り、写真を一枚。

s-P2280108.jpg
12時21分 山頂避難小屋

s-P2280114.jpg
初めて中を覗いてみた。

s-P2280116.jpg
2階には布団や毛布もあった。
誰もいなかったので食事休憩をしようか迷った末、さっさと下りる事にした。

s-P2280128.jpg
国際スキー場まで下りてきて、帰りのリフトにて。
当たり前だがスキーやスノボならリフトは上りにしか使用しない。下りのリフトに一人ぼっち。
装備や格好で登山者と判るはず、と思ってみても何だか恥ずかしかった。

s-氷ノ山2015




pagetop
兵庫県の篠山市にある白髪岳は標高722mで1時間ほどで登る事ができる。
山頂手前にはちょっとした鎖場もあって、しかも山頂からの展望は良い。
このブログを始める前の約3年前、山登りを始めたばかりの頃に1度だけ登った事があって、久しぶりに登りに行ってきた。

s-DSC01624.jpg
JR福知山線の古市駅の近くから住山という集落を抜けていくと登山口に辿り着く。しかし途中からとんでもない悪路に変わるので、できれば麓の民家の有料駐車場を借りる事をお勧めしたい(一日千円)。俺は強引に悪路を進んだが、でこぼこ道とごろごろした石に悪戦苦闘し、たまらず途中のスペースに車を停めて、後は歩いて登山口に行く事にした。ちなみにこの強行突破によりタイヤのサイドウォールに亀裂が入り、後日ディーラーで点検してもらう事となった。千円ケチって最悪タイヤ交換になるかも知れません。

s-DSC01683.jpg
見事、悪路を突破できた勇者は登山口の広いスペースに車を停める事ができる。写真左の屋根付の建物は休憩所で、トイレは無い。
写真中央の看板左方向に白髪岳の登山口があり、看板より更に奥に進むと(つまり直進)松尾山の登山口がある。

s-DSC01686.jpg
6:05白髪岳登山口

s-DSC01629.jpg
5分ほど進むと分岐があるが直進する。

s-DSC01631.jpg
堰堤の上。道が分かりにくいがここも直進する。奥に更に堰堤が。

s-DSC01633.jpg
奥の堰堤まで来たら、左側へと渡る。木に赤い目印がある。
ここら辺は道があまり整備されていないが、木の階段が見えるのでそこを進む。

s-DSC01636.jpg
後は比較的道は分かりやすい。時々案内看板もあった。

s-DSC01640.jpg
休憩スペースがある。水分補給をした。

s-DSC01642.jpg
今日の行動食は定番(?)のキャラメル。

s-DSC01644.jpg
暫く歩くと岩肌が目立つようになってくる。
分岐になっているが左に行った。

s-DSC01647.jpg
だんだん足元が悪くなり、ロープが張ってあるのでロープを持って進む。

s-DSC01648.jpg
足元に注意して進む。

s-DSC01655.jpg
鎖場がある。高さは大した事ないが鎖場の登り降りは慣れていないので、ここで練習した。
主に足の置き方や足運び、三点支持を意識して4回ほど登り降りを繰り返した。

s-DSC01658.jpg

s-DSC01659.jpg
s-DSC01662.jpg
天気予報では晴れだった筈だが早朝だったせいか、霧が濃くて見晴らしは悪かった。
鎖登りの練習もしたし、山頂はすぐ目の前だ。

s-DSC01665.jpg
7:24 白髪岳山頂(722m)

s-DSC01671.jpg
下りは松尾山方面から下りる事にした。
白髪岳と、隣の松尾山の周回コースが一般的な感じらしいが、今回は松尾山には登らない。
下り始めは暫くロープを持ちながら、急斜面を下りていく。

s-DSC01672.jpg
暫く下っていると分岐らしい所があるが、直進の道(尾根)は木で通行止めしている。
少し下っている右の道を行く。松尾山に向かう時も同様だ。

s-DSC01675.jpg
すると三叉路に辿り着く。
松尾山に向かうには直進、俺はこのまま下山するので右の道から下る。

s-DSC01678.jpg
あとは道なりに下っていく。

s-DSC01682.jpg
白髪岳登山口。看板の奥に続いていた道から出てくる。
岩場が楽しかった。次は11~12月頃に来る予定なので、その時は松尾山まで登りたい。





pagetop
CIMG2466.jpg
9:09 高座ノ滝からの登り口
朝から登山者で行列となっていた。

CIMG2469.jpg
ロックガーデンの方へは行かず、早々に行列から離脱して
地獄谷方面に向かう。自分の他には数人しかおらず。

CIMG2470.jpg
土砂崩れを検知するらしいセンサーを跨いで、奥の沢に入って行く。

CIMG2471.jpg
沢沿いは岩がごろごろしていて、小さな滝が何箇所もある。
はたして岩登りの経験が無い俺が行けるのだろうか。

CIMG2474.jpg
所々で現れる滝は、そばまで行くと意外に足掛かりが多かった。

CIMG2479.jpg
ロックガーデンから登った時も、軽い岩登り体験ができて楽しかったが、地獄谷の沢登りも両手両足を使って大きな岩を登って行くのでのですごく楽しい。

CIMG2483.jpg
ひたすら沢伝いに進む。
迷いはしないが足元は滑りやすいので、浮かれ過ぎない様に注意したい。

CIMG2487.jpg
時々、赤いマーキングがしてあった。

CIMG2488.jpg
何箇所かは滝の横から迂回して、滝の上に出る道があった。
とても登れそうにないと思ったら、諦める前に少し周りを見渡してみると良いかもしれない。

CIMG2493.jpg
小便滝の手前の滝。ここは左手に梯子があって、滝を迂回できる。

CIMG2495.jpg
今回は梯子を使わずに靴を濡らしながら、滝を超える事に。

CIMG2497.jpg
9:34 小便滝。名前に偽り無し。

CIMG2498.jpg
沢の奥の方を見ると大きな堰堤が見える。
取りあえず、小便滝の看板側に道があるのでそちらに進む。

CIMG2501.jpg
分岐がいくつかあるが、直進する。
分岐を左に曲がると、さっき見た堰堤の方へ行くのだろうか。
次回はそっちへ行くのもいいな。

CIMG2506.jpg
視界が少し開けると、左に大きな岩の壁がある。

CIMG2507.jpg
9:44 A懸垂岩 到着

CIMG2508.jpg
壁を登っている人はいなかった。

CIMG2509.jpg
俺はとても登れそうにないので、横から登ってみた。
しかし横の道も砂山みたいに足元から流れやすく登り辛かった。

DSC_2271.jpg
A懸垂岩の上から芦屋方面を見る。
景色は綺麗だが、立っていると落ちそうな気がして足が少し震えていた。

CIMG2510_20130429160127.jpg
振り返って稜線の方を見る。
何人かの先行者が、剥き出しの岩肌に沿って登って行くのが見えた。

CIMG2516.jpg
下を見ると、堰堤が見える。
小便滝の所のだろうか、位置関係は合っていそうだが、ちょっと分からない。
滑り落ちない様に注意しながら岩から下りて、先へと進む。
CIMG2523.jpg
変な形の所に出てきた。

CIMG2525.jpg
岩肌のアップ。
この表面が剥がれて、砂の道になっているのだろうか。
A懸垂岩以降、滑りやすい道がずっと続いた。

CIMG2538.jpg
面白い形の岩がたくさん並んでいる。

CIMG2540.jpg

CIMG2539.jpg
一般登山道へ向かう案内に従って進む。

CIMG2541.jpg
途中で1か所、明確な分岐があるが直進。
なんか獣道な感じがして、分岐を間違えたかと少し不安に。

CIMG2542.jpg
無事登山道に合流して一安心。
ここからは登山者の行列にくっ付いて風吹岩に向かう。

CIMG2543.jpg

CIMG2544.jpg
10:40 風吹岩 到着
今日の目的地はここまでなので、早々に引き返す。
帰りはロックガーデンから高座ノ滝へと向かったが、登って来る人で登山道はものすごい渋滞だった。

CIMG2545.jpg
登りの行列が切れるまでの間、暇つぶしに植物の写真を撮る。

11:17 高座ノ滝に到着。

六甲(芦屋地獄谷)
地獄谷という名前に似合わず、楽しいコースだった。
pagetop
氷ノ山は兵庫県で一番高い山だと聞いたので行って来た。

3月8日(移動日)
AM9:00出発。天候は快晴。暑くて駅まで歩くと汗をかいた。
乗り継ぎでの待ち時間が多く、JR山陰線の八鹿駅に14:06到着。
更に全但バスで約1時間掛かるのだが、鉢伏行きは15:40とな。

CIMG2303.jpg
16:49 氷ノ山鉢伏口のバス停で下車。
テント泊予定地の福定親水公園へは、写真の左側の道へ。

CIMG2309.jpg
ここ数日は暖かかったので、やはり積雪は少ない様な気がした。

CIMG2310.jpg
バス停から歩くこと約20分、福定親水公園に到着。
この日はここでテントを張って、氷ノ山へは翌日の朝から登る予定だ。

CIMG2315.jpg
トイレはあるが、冬季は閉鎖されていた。

CIMG2316.jpg
雪が少ないとはいえ、公園内は1m近く積もっていたと思う。
雪は柔らかくてどこを歩いても膝までズボズボ嵌まる。
テントのスペースだけ雪を踏み固めた。

CIMG2323.jpg
良い感じでテントが張れた。

CIMG2329.jpg
夜も寒くなくて風も無かったので、テントの外でお湯を沸かしても全然平気だ。お陰で朝までテント内は結露せず、快適に眠る事ができた。

CIMG2330.jpg
3月9日 5:40起床。
朝食後パッキングを済ませ、7:00出発。

CIMG2335.jpg
初めて登る氷ノ山は、東尾根からのルートで行く事にした。
舗装された道を、氷ノ山国際スキー場に向かって歩く。

CIMG2337.jpg
7:37国際スキー場の建物が見えてきた。

CIMG2339.jpg
自販機があった。喉が渇いていたので水分を補給しておいた。

CIMG2340.jpg
雲ひとつない空、気持ちいい快晴だった。

CIMG2344.jpg
スキー場を通り過ぎると間もなく、東尾根登山口の目印があった。
8:03登山開始

CIMG2346.jpg
樹林帯を、南東の方向に登って行く。

CIMG2349.jpg
8:53 東尾根避難小屋 到着
雪は深くないのに、地図のコースタイムの倍掛かった。

CIMG2353.jpg
小屋から先は、細い尾根を進む。
傾斜は緩いが木の枝がデカいザックによく引っ掛かって、やや苦労した。

CIMG2357.jpg
だだっ広い所に出た辺りから、傾斜はきつくなった。
しかも1歩ごとに足が嵌まってしまい、とても歩きにくい。
ワカンやスノーシューを履いた人が、横をサクサク登って行く。
俺、今回ワカンを持って来てなかったのだ。

CIMG2358.jpg
広い斜面に出てからが大変だった。余りの歩き難さで時間ばかりが過ぎて、山頂がいつまでも見えてこなかった。
何人の人に追い越されただろう、途中で帰ろうかとも思ってしまった。

足が上がらなくなってきたので座ってお湯を飲んでいると、下って来た人にもうすぐ山頂ですからと励まされて、また歩き出した。

CIMG2363.jpg
ようやく山頂らしき所が見えてきた。

sDSC_2278.jpg
11:49 氷ノ山 山頂
風は強いが晴れ渡ってガスも無く、見事な景色にやっと苦労が報われた気がした。
帰りのバスに間に合わせたいので、写真を数枚撮って軽い食事を済ませ、12:10に下山開始。

sDSC_2285.jpg

sDSC_2284.jpg

sDSC_2283.jpg

sDSC_2279.jpg

sDSC_2275.jpg
兵庫県最高峰からの、素晴らしい眺め達。

CIMG2366.jpg
13:40登山口に到着。
登りであれほど苦しめられた雪は、下りでは便利だった。
 あの広い斜面はどこでも歩け、嵌まっても下りだから膝を高く上げずに済むのでガンガン下った。
 細い尾根からはさすがに普通に歩くのでペースは落ちたが、登りで掛かった時間を取り戻すには十分なペースで下る事が出来たし、バスの時間にも充分な余裕を持って間に合った。

氷ノ山
今回のトレース
氷ノ山は3月でもワカン必須だという事は良い勉強になった。





pagetop
初めての六甲山ハイキングを楽しみにしていたが、
前日までの神戸南部の降水確率は午前中まで50%だし、
延期しようか迷っていた。

しかし朝起きると道路は濡れていたが空は晴れていた。

寒いだろうからジャケットの下に着れるフリースとダウンをザックに入れて、さらにお湯を魔法びんに入れて持っていく事にした。

7:40自宅を出発。

CIMG1759.jpg
9:10JR芦屋駅 到着。
阪急の方が登山口に近いのだが、自宅からの乗り継ぎはJRの方が楽なのだ。阪急方面に向かう途中で六甲山方面を撮影。

CIMG1760.jpg
阪急駅前に広場とトイレがあるので身支度を整え、芦屋川沿いに歩きだす。

CIMG1762.jpg
カモが1列に並んで泳いでいた。俺が住んでいる地元ではドブ川みたいな水の上をカモが泳いでいるが、この川は澄んでいてとても気持ち良さそうだ。

CIMG1764.jpg

CIMG1765.jpg
案内に従って住宅街を抜けて行く。
さすが芦屋、家もデカけりゃ車も外車ばっかし。

CIMG1770.jpg
10:14滝の茶屋 到着。
ここにもトイレがある。ここで服を1枚脱いで体温調整。
赤い橋は渡らずに茶屋の前を抜けて奥に進む。

CIMG1771.jpg
奥に進むと高座の滝があり、登山口に続いている。

CIMG1773.jpg
写真右:高座の滝
写真左:登山口(ロックガーデン・風吹岩方面)

CIMG1778.jpg
登り初めてすぐに見える碑。よく見ると・・・・

CIMG1779.jpg
ネコが日向ぼっこで気持ち良さそうに寝ていた。

CIMG1780.jpg
振り返ると芦屋の街並みと大阪湾を一望できる。

CIMG1784.jpg

CIMG1791.jpg
ロックガーデンと言うだけあって、剥き出しの岩を登る。
金剛山と違って面白い所であった。

CIMG1879.jpg
細かい分岐には矢印が書いてあった。この分岐は結局すぐ上で合流するのだが、矢印の通りに進んだ方が足元が安全な道になっている。ちなみにここは矢印通りに進むと・・・

CIMG1877.jpg
足元が安全なルートであった。

では矢印に逆らってみようかな・・・

CIMG1874.jpg

CIMG1875.jpg
梯子が掛けてある。雨や積雪時は滑りやすそうだ。

CIMG1804.jpg

CIMG1805.jpg
11:18風吹岩 到着。
滝の茶屋から約1時間かかった。
ここからは暫くの間、緩やかなアップダウンとなり楽に歩ける。

CIMG1860.jpg
横ノ池との分岐。右が山頂方面で左に行けばすぐに大きな池がある。

CIMG1861.jpg
六甲山はイノシシがよく出るらしく、注意の看板が多い。
登山道を歩いていても、踏み跡と間違えそうなはっきりとした分岐がある。
茂みの方に伸びているので獣道か?と思いながら、不安な所は地図やGPSで確認をしながら進む。

CIMG1864.jpg
横ノ池。思ったより大きな池だった。

CIMG1858.jpg

CIMG1821.jpg

CIMG1822.jpg
途中でアスファルトの道を横切って、ゴルフのコースを横目に進む。

CIMG1855.jpg
東おたふく山方面との分岐地点。

ここもそうだが休憩・食事に適した場所が多く、この日も団体ハイカーがいろんな所で食事をしていた。

CIMG1829.jpg
本庄橋跡・七曲り方面分岐。どっちに行ってもすぐに合流する。

CIMG1853.jpg
その次の分岐は、道なりに進むとつい川沿いに行ってしまいそうだが、ここは左に進んで川を横切るのだ。そして長い急坂をひたすら登る。

CIMG1838.jpg

CIMG1850.jpg
13:23 一の茶屋 到着。
風が冷たくて寒い。
近くにトイレがあり、トイレ横の坂を登るとすぐに最高峰に着く。

CIMG1841.jpg
13:40六甲山最高峰931.3m

CIMG1842.jpg
最近は天気に恵まれて助かる。
もう少し良いカメラが欲しいが、雪山装備を揃える方が先だな。

CIMG1846.jpg
一の茶屋に戻り、ホットミルクを飲んで温まってから下山。

CIMG1868.jpg
下山途中の風吹岩からの眺め。
変わった形の岩ばっかりだ。

麓の滝の茶屋に着いたのが16:40。
滝の茶屋を起点として、登りは3時間26分で下りは3時間だった。

帰りは阪急の芦屋川から大阪に出て好日山荘で買い物をして帰った。

六甲
今回のトレース
pagetop
プロフィール

初心者ハイカー

Author:初心者ハイカー
近畿の里山をのんびり一人歩き。
夏山よりは冬山の方に興味があります。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。