上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
前日からの雨天の影響でこの日も朝から雨。
ただし午後は回復するとの事だったので昼前から登り始める感じで家を出発。

CIMG1280.jpg
今回は葛城山側から、ダイトレを登る事にした。
麓の休憩所で軽く朝食と準備運動
まだ雨はやみそうにない。

CIMG1281.jpg
金剛の水場。
ここで水分補給をしてインナーを2枚減らした。
少し肌寒くなったが、まもなく本格的な登りになるので丁度良くなると思った。

CIMG1284.jpg
この橋を渡るとすぐに休憩所があるので水分補給をしてから登り始めた。

CIMG1285.jpg
結局雨はあがる事もなく頂上付近まで来てしまった。
途中の木に草鞋が掛けてあった。

CIMG1286.jpg
霧に囲まれた鳥居。
雨中の写真も悪くないね

CIMG1287.jpg
お決まりの一枚。

CIMG1289.jpg
山頂の広場でラーメンとコーヒーで休憩をしていると雨が止んできた。
そして下りているともうこんなに明るくなってきた。

CIMG1293.jpg
登りでは視界ゼロだったのがご覧のとおり、すばらしい見晴らしに。

CIMG1295.jpg
金剛の水場沿いの桜の木。
花はポツポツだった。

CIMG1300.jpg
帰るついでに山道を御所に向かって走っていると、まだこんなに桜が残っていた。

pagetop
エスパースの前室フライシートの装着を初めてやってみた。

CIMG1240.jpg
ちょっとシワが気になるがこんな感じ。

CIMG1241.jpg
横から。
あんまりテントに深く被せ過ぎると、前方の生地に余裕が無くなって前室のジッパーが閉まらなくなる。

CIMG1242.jpg
後ろから。

CIMG1244.jpg
前室を片方めくって留められるように、ベルクロが付いている。

CIMG1245.jpg
ベンチレーター。

CIMG1269.jpg
中から。
靴は余裕で置ける。
クッカーまで置くとなると手狭になるが置けなくもない。
この日は予想外の雪となってしまったので、思いがけず前室の威力を体感できた。
靴やテントも汚れなくてこれは便利!

自分が購入したテントはエスパースのマキシムX 1~2人用で、それに付属されていたペグだと前室フライを付けるのに1本足りなかった。なのでペグを1本購入すればテントも含め、全部の箇所にペグが打てる。


pagetop
エスパースの前室フライシートが手に入ったので、練習がてら金剛山の夜景を見に行こうと、久しぶりにザックをパンパンにして金剛山に登ってきた。

CIMG1211.jpg
今回は久留野峠から登ることにした。
ロープウェイへと続く舗装路の左にあるゲートを超えて進む。

CIMG1215.jpg

天候は晴れなのだが未だに雪が残っていたとは・・・アイゼン持ってきてねえよ

CIMG1218.jpg

CIMG1219.jpg
3月下旬だから雪は無いと、完全に侮っていた。
怖いのは氷を踏むとすぐに滑ってしまう事だ。
この日はザックも重いので1歩1歩足元を確かめながら慎重に登った。

CIMG1222.jpg
千早キャンプ場前の坂。
凍っていなくてホっとした。

CIMG1223.jpg
天気もいいし、この見晴らしなら夜景も期待できる・・・と思っていた。

CIMG1232.jpg
時間がたっぷり余ったので展望台に登って遠くを撮影。
この日は風が強く、立ち止まるとすぐに体が冷えるので早々に山頂を目指す。

CIMG1233.jpg
山頂間近の坂。
氷にビビリながら、端っこの葉っぱの上を慎重に登った。

CIMG1234.jpg
山頂に到着。
おなじみの写真を撮った後、捺印所へ向かった。

CIMG1235.jpg

CIMG1236.jpg
0℃だったが風のせいでずっと寒く感じた。

CIMG1247.jpg
なんか曇ってねえか?と思いながら夕暮れの記念写真を。

CIMG1246.jpg
とりあえずくそ寒いのでテントに入ってコーヒーとおやつ。

CIMG1256.jpg
夜8時頃からご覧のあり様に・・・
風も一層強くなってテントの壁は揺れるわ、寒すぎるわで大変な夜になった。

CIMG1270.jpg
んで朝・・・辺り一帯真っ白。
帰りも久留野峠から下りる事に決めていたが、アイゼンなしで無事に下りられるか不安が募る。

CIMG1274.jpg

CIMG1272.jpg
前日と違って見事な霧氷。

CIMG1277.jpg
久留野峠(ダイトレ)で一番好きな場所。
木が多いのに明るくて広い。しかも歩きやすい。

次はいつになるか分らないが、梅雨までにはもう一度夜景を見に行ってみたい。
pagetop
プロフィール

初心者ハイカー

Author:初心者ハイカー
近畿の里山をのんびり一人歩き。
夏山よりは冬山の方に興味があります。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。