上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2013/01/29

大天井ヶ岳

平成25年1月26・27日
曇り/晴れ

日帰りの予定で朝5:30出発

ルート:洞川温泉→岩屋峰→大天井ヶ岳→大峰奥駈道→近鉄吉野駅

今思えば、日照時間の短い真冬の雪山で、しかも初見でこのルートを日帰りで行けると思った事が不思議だ。吉野駅発の近鉄電車の最終が22時台だったので、それまでには下りて来れるだろうという大雑把過ぎる考えだった。

CIMG2155.jpg
近鉄・下市口駅から冬季臨時バスで約1時間、洞川温泉で下車。
他の登山者は、手前の観音峰バス停で全員降り、洞川温泉で降りたのは俺一人。
朝は夜明け前に家を出たが、電車やバスの乗継ぎでの待ち時間が長く、思ったより登山開始の時間が遅くなってしまった。

CIMG2156.jpg
10:20 吊り橋から岩屋峰へと向かった。

CIMG2158.jpg
橋を渡って向こうの山奥目指す。

CIMG2159.jpg
橋の途中から見た洞川温泉の町。
綺麗な雪景色だ。

CIMG2163.jpg
吊り橋を渡って少し登ると展望台が。
突き抜けて向こう側へ進む。

CIMG2167.jpg
地図を確認すると、岩屋峰から大天井ヶ岳まで尾根道を辿るだけの様なので、まずは斜面を登りまくる。

CIMG2175.jpg
尾根に出たので歩いていると、また展望台があった。
構わず向こう側へ直進。

CIMG2178.jpg
ここまで人の足跡は全く無い。
動物が走り回った跡が多い。

CIMG2180.jpg
イノシシか鹿かな

CIMG2179.jpg
これは誰だ?

CIMG2183.jpg
尾根伝いに登って行く。
天気予報では風が強くなると言っていたが、断続的に突風が吹いていた。特に尾根なので風が強く感じたのかも知れない。

CIMG2200.jpg
多分岩屋峰。
大分雪が深くなってきた。

CIMG2203.jpg
文字が消えているが、肉眼だとうっすら読む事が出来た。
12:39 岩屋峰到着だ。

CIMG2210.jpg
さらに登るにつれ、雪は一層深くなっていく。
しかしラッセルと言うほど足は潜らなかった。せいぜい脛までか。
相変わらず誰一人として出会う人無し。

CIMG2212.jpg
14:00 大天井ヶ岳 山頂
麓から3時間40分かかった。

ここも全く踏み跡無し・・・まっさらな新雪の上を走りまわる。
写真を撮ったりして20分ぐらい遊んだ。

CIMG2221.jpg
吉野方面に下りようとすると、看板があった。
これが大峰奥駈道の事だと思ってしまい、看板通りの方角に下りたが何かおかしい。GPSで確認してみると、吉野方面(北)ではなく小天井ヶ岳方面(北西)に進んでるではないか。

慌てて下って来た斜面を登り返す。

CIMG2222.jpg
地図を見る限り、北側の尾根を下る様に見えるのだが、コンパスの指す方向を見ると、どうしても尾根には見えずむしろ谷に思えて仕方が無い。何かのレールが伸びているが、ここを下るかどうかでかなりの時間迷ってしまった。登山道が雪に隠れるってのは恐ろしいものだ。

CIMG2223.jpg
確信が持てないまま、とりあえずコンパスが示すのだからと試しに下ってみると、目印の赤いリボンが見えた。

CIMG2224.jpg
そのままレールの走る方向に下って行く。
この辺りまで来ると、GPSのトラッキングデータは登山道の上をトレースしているので、とりあえず正しい方向に進んでいるらしい事は分かった。

この辺りが一番雪が多くて、時々膝の上まで潜って焦る。

途中で見晴らしの良い広場があり、さらに下って行く。

CIMG2231.jpg
15:30 小屋が見えて不安が吹き飛ぶ。

CIMG2233.jpg
二蔵宿小屋

CIMG2234.jpg
中を見てびっくり、ここ避難小屋?
俺の家より立派じゃないか。

しかしこの時点ではまだ今日中に帰れると信じていたので、記念の写真だけ撮って先を急いだ。

CIMG2237.jpg
吉野へは、四寸岩山を経由する。
案内通りに進む。

CIMG2243.jpg
二蔵宿小屋を過ぎると、四寸岩山まで登りとなる。
時間は16:00、疲労と空腹で斜面を登る事が困難になってしまった。

ここで俺は日没までに下山は出来ないと悟り、さっきの二蔵小屋に引き返そうかと思ったが、地図を見ると少し先にも避難小屋がある事が分かり、そこで一晩過ごすと覚悟を決める。

前日見た天気予報では、この日あたりから月末までは冷え込むと言っていた気がした。寝れるはずは無いので長い夜になりそうだ、と後悔しきり。

CIMG2245.jpg
16:35 足摺宿小屋 到着

sDSC_0259.jpg
小屋の中。一晩お世話になります。

日が落ちる前にザックの中身を出し、タオルで体の汗を拭き、インナーダウンを着込み、行動食とお湯の残量を確認し、ヘッドランプに電池を入れ、持っていたホッカイロを出す。但しホッカイロを開けるのは日没後に冷え込みだしてからにした。

翌日に備えてGPSの電源は切った。
そして初めてレスキューシートを取り出した。

sDSC_0261.jpg
21:05 小屋内温度 マイナス6.8℃
この夜は最終的に、マイナス8℃まで下がっていた。

CIMG2252.jpg
暇過ぎるので、余裕のある内にセルフタイマーで自分を写してみた。

2時間置きにお湯をコップの半分ずつ飲み、一口チョコを数個食べてあとはひたすら寒さに耐える。闇夜の不気味さよりもとにかく寒さが堪えた。朝方4時を過ぎた頃から体が震えだしたので、時々ラジオ体操をしたり小屋の中を歩き回って凌いだ。

CIMG2258.jpg
AM6:39 長過ぎる夜が明け、逸る気持ちを抑えて道が見通せる様になるまで待ち、ようやく歩き出す。歩き始めは指先とつま先が冷えて痛かったが、歩く内に暖まった様で痛みが引いた。

CIMG2261.jpg
ガスで視界は良くない

CIMG2263.jpg
7:06 四寸岩山

CIMG2265.jpg
展望は全く良くなかった。

CIMG2266.jpg
表示が無くて自信は無いが、おそらく守屋茶屋跡だと思う。
ここからえらく急な斜面を下りた。

sDSC_0262.jpg
急斜面を下りきった頃、見晴らしの良い所があり天候はいつの間にか快晴となっていた。

CIMG2275.jpg

CIMG2272.jpg
試み(心見)茶屋跡

かなり地面が露出してきたので、ここでアイゼンは外した。

CIMG2279.jpg
レールの終点、というか出発点を発見。

CIMG2283.jpg
俺はずっと荷物の搬送用のリフトだと思っていたが、座席があって人が乗る物だったとは。まだ現役なのだとしたらぜひ乗ってみたい・・・

CIMG2284.jpg
8:28 林道に出たので直進。

CIMG2287.jpg
林道の途中で金峯神社(青根ヶ峰経由)との分岐がある。

CIMG2293.jpg
9:11 青根ヶ峰

CIMG2296.jpg
9:26 金峯神社

CIMG2298.jpg
金峯神社から坂を少し下ると、吉野山駅前まで一気にワープ出来るケーブルバスのバス停がある。これに乗らないと、更に1時間半は歩いて下らないといけない。

CIMG2300.jpg
・・・・そらそうだわな・・・・

CIMG2301.jpg
11:01 最後はロープウェイすらもスルーして、完全に徒歩で吉野駅に辿りついた。

s天3

トラッキングデータ

距離が長くてマップが小さくなってしまった(アップロードできる容量の関係)

トレッキングを始めて1年余り、杜撰な計画のせいでえらい目にあってしまった。だがエマージェンシーシートを初めて使用して分かった事がある。初めは保温が効いて暖かいが、体から出た蒸気がシートに付いて逆に寒く感じる事があった。定期的に裏返しながら使った。




pagetop
日時 平成25年1月12・13日
天候 晴れ

ルート 坊村~御殿山~ワサビ峠~武奈ヶ岳 のピストン

先月、日帰りの予定で行ったが途中で引き返したので、今回は予定通り
テントを持って、時間に余裕を持って行って来た。

雪は予想よりもかなり少なかったが、週末には珍しく晴天に恵まれて
風も無く、色々試せた事もあってとても充実した2日間となった。

CIMG2040.jpg
9:40 坊村バス停を下りた直後。
あれ?雪すくね~と思って撮影。

CIMG2042.jpg
反対側のバス停は屋根や長椅子があるので、ここで身支度とストレッチをした。

CIMG2043.jpg
今回も忘れずに登山届を提出。

10:02スタート

CIMG2046.jpg
登り始めの斜面。
雪は少ないが凍っていて滑り易く焦る。
今回のテント泊用装備はザック込みで15kgとなった。これが多いのか少ないのかは分らないが、とにかくバランスが取りにくくて危険と判断。

CIMG2047.jpg
まだ土が多い道だが、堪らずアイゼンを履く。

CIMG2054.jpg
12:44 夏道と冬道の分岐。
どちらにも踏み跡があるが、尾根筋を歩く冬道に向かって直進する事に。

CIMG2060.jpg
最近サボリ気味だった地図読みの練習をしながら進む。

CIMG2067.jpg
尾根筋に出た所。小さいが雪庇だ。
雪庇を直に見たのは初めてなので、感動して暫くの間写真を撮りまくる。

CIMG2075.jpg
踏み跡の上を歩く事に少し飽きてしまい、ラッセルってどんな感じか試してみる事に。何事も経験と、踏み跡から少し離れてみる。

CIMG2078.jpg
大体スネ辺りまで潜る程度だが、場所によってはひざ~太ももまでハマった所もあった。初ラッセルを体験して感じたのは・・・・・
足がなかなか抜けね!

CIMG2074.jpg
しかもこんなに雪団子が付いてしまった。

何箇所か場所を変えながらラッセル体験をしていたら、結構時間をくってしまい少し焦りだす。

CIMG2080.jpg
御殿山の山頂少し手前、急に展望が良くなった。

CIMG2089.jpg
13:58 御殿山(1097m)山頂から武奈ヶ岳を眺める。
スタートから4時間・・・我ながら遅ぇ。

CIMG2095.jpg
少し下ってワサビ峠。
ここからまた登り返す。

CIMG2099.jpg
西南稜と呼ばれる尾根。

CIMG2103.jpg
武奈ヶ岳山頂間近。標高が低い割に木がほとんど無い。

CIMG2110.jpg
振り返って西南稜を眺めてみる。低山とは思えない見事な稜線。
素晴らしい山だ・・・

CIMG2126.jpg
15:04 武奈ヶ岳山頂。
スタートから実に5時間・・・一人じゃなかったら置いていかれるなこりゃ



CIMG2130.jpg
少し引き返して見晴らしのいい場所で幕営。
雪上で初のテント設営は案外上手くいった。風が無いおかげだな。

CIMG2137.jpg
沈みゆく太陽・・・山ならではの景色だ。

CIMG2135.jpg
うん?どこの山だ?持参した地図の範囲外なため特定できず。
伊吹山のスキー場かな。

CIMG2138.jpg
雪山体験その2。雪で水を作ってみる。
まず、クッカーにいくらか水を入れる。

CIMG2139.jpg
で、火を焚きながら雪を入れていく。

CIMG2140.jpg
おお、立派な水になった。
味は微妙だが、とりあえず腹は壊さなかった。

夜は手元の温度計で-3~-4℃を指していた。
シュラフは新しく購入したモンベルの#1だったので寒くは無い。

ただし雪による底冷えは、スリーピングマットを貫通してシュラフ越しにも感じ取れた。マットも替えんとダメかな・・・

CIMG2143.jpg
翌日5:10起床。外は余裕で真っ暗だ。

テントの中がひどい有様になっていた。

ちなみに入り口は、エスパースのオプションの吹き流しに換えて雪山仕様にしている。
慣れていないので出入りがしづらかった。

CIMG2148.jpg
6:40 雲海らしきものが見える。

CIMG2149.jpg
7:00下山開始。
今度はいよいよワカンを試してみる事に。

CIMG2152.jpg
沈み込みの少なさは勿論だが、それよりも足の抜けが楽な事に驚いた。

新雪の上を歩くのが楽しかった。

CIMG2153.jpg
9:21 無事下山。途中で多くの人とすれ違った。

武奈ヶ岳25年1月13日
帰りの途中で分岐を間違えてしまい、夏道に入ってしまう。

どうせ合流する事は分かっていたのだが、意図的に夏道に入ったのではなく『分岐を間違えて進んだ』事に自分で納得がいかずに、戻って冬道から下り直した。

pagetop
金剛山のツツジオ谷から山頂に向かい、葛城神社でお参りをして来た。

ツツジオ谷からのルートは山と高原地図には載っていないが、なかなか楽しい。ただし所々は道が狭く滑落の危険があるので充分な注意が必要だ。

CIMG1956.jpg
7:20登山口付近の駐車場にて

駐車場に向かう途中に見た温度計によると気温は-3℃。
風はほとんど無風状態。天気予報は曇りのち晴れ。

CIMG1958.jpg
登山口手前。

突き当りを右に行けば千早本道、延々続く木の階段だ。
今回は左に行く。

CIMG1959.jpg
数分ほどでゲートに行きつく。

ツツジオ谷はゲートの手前を右に行く。

CIMG1960.jpg
少し歩くと橋があり、手前の細道に入る。

CIMG1961.jpg
横着して歩きながら写真を撮ってしまいボケた。

踏み跡はしっかり付いているのでガンガン直進する。

CIMG1962.jpg
ここは左側に階段状の岩があり、ロープもあるのでそちらから乗り越える。

CIMG1970.jpg
7:46 腰折滝

登山口から約30分程で着いた。
左側の斜面から滝を巻く様に登り、滝の真上に行く。

CIMG1969.jpg
ロープはあるが滑りやすく、冬場は特に注意する。

道は狭く、右側は急斜面だ。

CIMG1971.jpg
滝の丁度真上。

橋を渡らず左に行けばタカハタ谷から登るルート。
今回は橋を渡り、直進する。

CIMG1973.jpg
ここから先、堰堤を4つ超える。

1つ目、左側から超える。

CIMG1974.jpg
2つ目、デカイ岩が目印。左から超える。

CIMG1977.jpg
3つ目も左から超える。

ここを超えると沢は右に緩く曲がっているので、沢に沿って進む。

CIMG1979.jpg
4つ目だけ右から超える様になっている。

CIMG1982.jpg
ずーっと沢に沿って進む。

このデカイ岩も裏に回ってさらに直進。
この先に3つの滝がある。

CIMG1985.jpg
1つ目の滝・・・というか滝と呼んでいいのか解らん程の小さい滝。
GPSのウェイポイントにも記録しなかった。

右横から超えるが岩肌は凍結してツルッツル。

ここで2つの失敗をしてしまう。1つ目はさっき超えた堰の、GPSのウェイポイントを作成し忘れてわざわざ引き返し、戻って来たと思ったらGPSの電池が切れてしまった。幸い予備の電池は持っているのでこの場で交換し、気持ちを落ち着かせる為にここでザックを下ろして暫くおやつ休憩・・・

CIMG1984.jpg
ここを超える時が一番怖かった。

CIMG1988.jpg
奥に見えるのが2番目の滝。そこそこ大きい。

滝の下まで行けるが、先に進む時は手前にある赤い目印の木辺りから、
左斜面を滝の方に向かって進む。

CIMG1993.jpg
8:41 一番大きな滝に到着。すでに凍っている。

CIMG1994.jpg

CIMG1995.jpg

CIMG1996.jpg
滝の下に行ってみると、色々な形の氷がある。

CIMG1997.jpg
滝の少し手前に戻り、左の斜面伝いに登る。

この辺りも足元が狭く、滑ると危ないので充分注意しながら進む。

CIMG2002.jpg
ロープを持ち、岩を超える。

CIMG2007.jpg
少し歩きやすい道になる。

CIMG2010.jpg
暫くすると丸太の古い橋があり、それを渡る。

CIMG2014.jpg
少し登ると広い場所に出る。旧道と一般道の分岐だ。

この時点で9:09

CIMG2015.jpg
旧道は沢に沿って直進、一般道は沢に背を向け、斜面をほぼ直登する。

CIMG2016.jpg
旧道行った事あるが、なかなか不気味で最後は墓場に辿りつくので行くなら明るい時間がお勧め。

真冬なら藪も酷くは無い。
今回は一般道を登った。

CIMG2020.jpg
斜面を10分ちょっと登ると尾根が見えてくる。

CIMG2021.jpg
尾根に出たら右に行き、尾根伝いに進む。

CIMG2024.jpg
山頂目前。左のお地蔵さんの方に行く。

右は墓場で、下の広場の分岐を旧道の方へ進むと、最後はこの墓場からヒョッコリ出てくる。

CIMG2025.jpg
最後の分岐。右に行く。

CIMG2027.jpg
到着

CIMG2028.jpg
9:35 山頂広場。2時間15分かかった。

CIMG2030.jpg
今日も晴れてて良かった。

CIMG2031.jpg
山頂はもっと雪が有るかと思ったが、全くなかった。

CIMG2036.jpg
今年も山登りを楽しめますように・・・

CIMG2037.jpg
食堂でうどんを食べて温まる。カメラにすごい結露が・・・

帰りはいつものように、千早本道から下りて帰った。

金剛山25年1月4日
今回はログデータにウェイポイントを付けてみた。

最後の短い急斜面まではずっと緩い登りで、体力的には楽なルートだと思う。ただ、滑落し易そうな所は何箇所かあったので、安全とは言い難いかも知れない。


pagetop
プロフィール

初心者ハイカー

Author:初心者ハイカー
近畿の里山をのんびり一人歩き。
夏山よりは冬山の方に興味があります。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。