上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
平成27年1月24日 晴れ
坊村→御殿山→山頂のピストン

今回はスノーシューハイキングという事で、
約2年振りに武奈ヶ岳に登ってきた。

前回登ったときは、初めてワカンを使用した時だった。

序盤の急斜面さえ登ってしまえば、あとはワカンやスノーシューでも
登りやすい斜面だった様に記憶していたが・・・

s-P1240002.jpg
葛川市民センターの駐車場に車を停めさせてもらいました。
早朝4時に着いて少し仮眠後、7時登山開始。

s-P1240005.jpg
明王院。思ったより積雪は少ない模様。

s-P1240008.jpg
御殿山に向かう途中。確かにスノーシューでも歩きやすいが、木の枝が邪魔でおのずと歩く場所が限られてしまい、結局ほとんど踏み跡の上を歩く事になってしまった。

s-P1240014.jpg

s-P1240015.jpg

s-P1240018.jpg
御殿山からの景色。

s-P1240020.jpg

s-P1240022.jpg

s-P1240023.jpg
ワサビ峠から登り返して山頂手前の斜面。
ここは広々していたのでスノーシューで歩くのも楽しかった。

s-P1240028.jpg
11時28分 山頂到着。

s-P1240034.jpg
写真では分かり難いが、琵琶湖がよく見えていた。

結局スノーシューの本領が発揮されたのは山頂付近だけだった様な気がするが、今日の山登りが楽しかった事に変わりは無いので良しとしよう。

s-IMG_20150124_145018.jpg
下山後、登山口近くの「茶坊」という食堂で遅めの昼食。
よもぎそばと地鶏のすき焼き風丼。
2年前と同じ物を注文した。

食堂の方は2品も食べれるのかという感じで少々驚いた様子だったが
余裕で平らげた。

帰りに少し寄り道をして、比良とぴあという温泉施設で汗を流して帰宅。





pagetop
平成27年1月16日 晴れ時々曇り 無風
清浄大橋→洞辻茶屋→山頂のピストン

久しぶりに雪が積もった山上ヶ岳に登ってきた。11月の無雪期にも訪れたので2ヶ月振りになる。
本当は前日に登る予定だったが、天気予報が雨だったので予定を一日繰り下げた。
翌日は晴天が広がり、とても良い登山日和となった。

s-P1160051.jpg
母公堂から先は冬季通行止めとなっていたが、雪は深くなさそうだったので一応タイヤにチェーンを付けて奥まで行ってみたところ、清浄大橋の駐車場まで行くことができた。
6時55分登山開始

s-P1160061.jpg
さすがに悪天候の翌日だった為か、他に誰かが登ったような跡は無い。

s-P1160065.jpg
二少年遭難碑のあたりから少しずつ雪が深くなりはじめたので、昨年末に購入したスノーシューを装着。初めて使ってみたが、新雪の上でも沈む事無く滑るように歩く感覚が楽しかった。

s-P1160070.jpg
洞辻茶屋辺りからの眺め。雲海が広がっていた。もっと上から雲海が見たいと先を急いだ。

s-P1160080.jpg
だらにすけ茶屋を抜け、鐘掛岩方面へは行かずに新道から山頂方面に向かった。
傾斜がきつくスノーシューでは滑ってしまうのでアイゼンに履き替えたが、とたんに潜る潜る。
なかなか進めない、というより斜面を上がっていけないので手も使って這う様な感じで何とか尾根まで辿り着いた。写真の様に斜面がごっそりえぐれている所もあり、この辺りが唯一の難所だと思った。

s-P1160096.jpg
やってきました西の覗き

s-P1160101.jpg
西の覗きから見る雲海のパノラマ写真

s-P1160105.jpg
宿坊

s-P1160112.jpg
13時30分ようやく山頂に到着
実に6時間35分も掛かってしまった。
しかもラーメンを作ろうとしたら箸を忘れていた。無念の下山・・・







pagetop
プロフィール

初心者ハイカー

Author:初心者ハイカー
近畿の里山をのんびり一人歩き。
夏山よりは冬山の方に興味があります。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。