上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop
日時  平成27年2月4日 晴れ
ルート 五番関~大天井ヶ岳のピストン

2年ほど前に洞川温泉方面から吊り橋を渡り、岩屋峰経由で大天井ヶ岳に登った事があった。
その時はそのまま吉野山を越えて、その日の内に近鉄電車で自宅に戻るという計画を立てた挙句、少し大変な目にあってしまった。

今回は五番関から登ることにした。このルートは初めてとなる。
前日に登山地図でルートと大まかな所要時間を確認。
この時重大な地図の読み間違いをしてしまい、1時間近く五番関を探して彷徨う事になってしまった。
トンネルを示す線(破線)が薄くて見落してしまい、その横の赤い線(登山ルートを表す)が綺麗な直線だったため、てっきりこの赤い線はトンネルを抜けているんだなと思い込んでしまった。
そしてその夜自宅を出発。

休憩や仮眠を取りながら、午前5時45分に母公堂に到着。他に2台の車が止まっていた。
1組の登山者が、まだ暗い内にヘッドランプを灯して、法力峠方面に向かう登山口へと歩いていった。
それを車内から見送ってすぐに自分も支度をしたが、地図を家に忘れてくるというミスに気づいた。
しかし事前の確認はしてあるし、GPSも持っているのでさほど気にせずに、うっすらと明るくなり始めた6時半頃、五番関方面に向かって出発。

s-P2040020.jpg
清浄大橋に向かう手前に、毛又橋があるのでそれを渡って川上村方面へと進む。

s-P2040026.jpg
五番関トンネルまでひたすら林道を歩く。緩やかな登りとなっている。
積雪は少なくほんの少し凍っている場所もあるが、アイゼンなどは必要なく歩けた。

s-P2040029.jpg
7時29分 五番関トンネル入り口に到着。
右側に休憩場所が見えるが、その脇に本来の登山口がある。
そうとも知らずに不気味なトンネルを歩いて抜けていく・・・
何度も振り返ってしまった。

s-P2040030.jpg
トンネルを抜けると綺麗な景色が広がっていた。

s-P2040033.jpg
そのまま林道を歩きかけたが、下り始めたのでGPSを見ると五番関から遠ざかっている。
引き返すとトンネル出口の近くに堰堤があり、何やら階段が見える。
まさかここを登るのかな、と思った。
他に登山口らしき場所もなく、7時44分 半信半疑のまま登り始めた。

s-P2040034.jpg
GPSで五番関の方角は分かるので、谷を遡ろうとしたが岩やら倒木やらがえらい事になっていて、とても登れたものじゃない。少しでも歩きやすそうな場所を探し、右往左往を繰り返す。

s-P2040036.jpg
雪に埋もれているのは鉄の階段か何かだった。もしかしてこのルートは古くて使われてないのか、と思った。
迂回して少しでも登れそうな斜面を探し、雪に靴を蹴り込んだり木の幹を支えにしながら少しずつよじ登った。

s-P2040037.jpg
8時22分 迂回しながらも少しずつ高度を上げていくと、ようやく案内の標識を発見。ただの斜面だった所から道に出られた事で一安心した。標識に従い五番関方面に向かう。

s-P2040038.jpg

s-P2040040.jpg
ところがこれまた道などと呼べる所ではなかった。歩いている雪の下は岩ばかり、小規模な雪崩れの跡も横切るハメに。
しかし次第にGPSの画面に五番関の表示が現れてきたので、おかしな所を歩いてはいるがそれなりに落ち着いていた。

s-P2040043.jpg
8時48分 彷徨う事約1時間、やっとの思いで五番関に到着。
ここで自分の間違いが判明する。

s-P2040045.jpg
至林道 トンネル口と書かれた標識は、今自分が登ってきた方角とは間逆、つまりトンネルの入り口側を指している。

更に別の注意書きには 百丁茶屋方面に抜ける在来道は崩落の為通行不可、吉野方面へは大天井ヶ岳を経由する必要がある の様な趣旨が書いてあった。

(ああ・・登山口を間違えて、その崩落地帯をたった今歩いてきたのか、どうりで・・・)納得がいった。

GPSとは便利な物で、これのおかげで道を外しても辿り着く事が出来た。しかし皮肉にもこれを持っていた為に引き返すという判断をせず、方角は正しいのだからと危険な場所を強行に進んでしまった。

s-P2040046.jpg
まだ登山は序盤、気を取り直して大天井ヶ岳に向かう。

s-P2040047.jpg
予想以上に道は狭く、終始木の枝が邪魔で、何度も頭から雪をかぶりながら登った。

s-P2040048.jpg
時折木々の切れ間から景色が見える程度で、基本的に展望は良くない。

s-P2040057.jpg
10時8分 大天井ヶ岳 山頂

s-P2040060.jpg
風も無く大して汗もかいていない、山頂から見える僅かな景色は綺麗だったので、ラーメンを食べて少し落ち着いた後に下山。

s-P2040064.jpg
五番関から案内通りの正しい道を下りる。足元は悪いが谷に沿って下りていくと、あっさりと林道に出た。

s-P2040069.jpg
ちゃんと標識もある。

s-P2040070.jpg
木が多くて道が分かり難いが、ストックの向いている方向に登って行く。
基本的には谷に沿って登る感じだった。

s-大天井ヶ岳2015
今回はアイゼンとスノーシューを持って行ったが、どちらも使用せずとも登ることが可能だった。
アイゼンは持っておいた方がいいが、スノーシューは使い所が無かった。
林道の雪がもっと深ければ、楽しいスノーシューハイクが出来たかも知れない。

帰宅後すぐに地図を開いてよく見ると、確かにトンネルの破線が書いてあり、登山道はトンネルに沿うように直線で書かれていた。

pagetop
プロフィール

初心者ハイカー

Author:初心者ハイカー
近畿の里山をのんびり一人歩き。
夏山よりは冬山の方に興味があります。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。