--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/02/15

金剛山テント泊 2012.02.11~12

里山歩き1年生。
日帰りの山登りにも慣れてきたので、そろそろテント泊をやってみたくなった。

選んだ場所は、週末登山客で賑わう大阪・奈良の金剛山。
ここならキャンプ場もあり、テント泊デビューも安心。
1か月ぐらいの間に、テント泊に必要な物を調べて購入、準備が整ったところで実行に移した。

CIMG0887.jpg
当日は快晴。風もほとんどなくて絶好のキャンプ日和だった。

CIMG0932.jpg
選んだコースはツツジ尾谷の登山道。
初めてなので緊張感があったけど、楽しいコースだった。
写真は二の滝。半分ほどが凍ってて、半氷爆といったところか。

CIMG0981.jpg
ツツジ尾谷の旧道を行ってみたら、倒木にザックが引っ掛かって潜り抜けるのに大汗をかいてしまった。
日帰り用の小さなザックなら、難なく突破できる。

CIMG0989.jpg
キャンプ場にて。
ウッドデッキにテントを設営後昼食、いつものインスタントだ。
アウトドア食の充実は今後の課題だ。

CIMG0992.jpg
夜、暇だから山頂からの夜景を見に行く。
真っ暗で怖い!歩きながら何度も後ろを振り返った。

CIMG0994.jpg
見てはいけない物を見てしまった時に猛ダッシュできる様、途中でアイゼンを装着!

CIMG1001.jpg
無事に山頂に到着。
残念なデジカメなので分かりにくいが、素晴らしい夜景だった。

CIMG1009.jpg
マイナス4℃の割に、風が無いせいか全く寒くない。暗闇で肝を冷やしたくらいか。

CIMG0995.jpg
昼間は人が絶えない売店前も、一人歩くアイゼンの音がやけに大きく響く。
自動販売機でしょうが湯を購入、しばらく夜景を楽しんでテントに帰った。

CIMG1013.jpg
寝る前ココアを飲もうとしたら、クッカーの残り湯が凍っていた。ちなみにテントの中です。

CIMG1015.jpg

CIMG1017.jpg
朝起きたら、テントの周りに雪が。
どうりで体が冷え切っていた訳だ。
とりあえずココアで蘇生する。

-今回のテント泊を振り返って-
使用テントはエスパースのマキシムX 1~2人用。1人での使用なのでスペースは申し分無し。
結露はあったものの、テント内でバーナーを使用した為これは仕方なし(テント内での火器使用は厳禁)
シュラフはモンベルの#3(0度~-10℃対応)
シュラフカバー(モンベル)
スリーピングマット(モンベル)
テントシート(汎用)
グランドシート(エスパース)

これにダウンを着こんでレインウェア、ニット帽、手袋をしたのに眠れないほど寒かった。
この布陣では関西の低山ですら乗り切れないとは・・・大変勉強になった。
寝具、ウェア共に改善点は山ほど見つかったので、今後対策したものを挙げていきたい。

次回の予定はダイトレを通っての金剛・葛城山縦走にチャレンジ!
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

初心者ハイカー

Author:初心者ハイカー
近畿の里山をのんびり一人歩き。
夏山よりは冬山の方に興味があります。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。