--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/05/21

奈良 弥山~八経ヶ岳2日目 2012.05.19~20

弥山の山頂小屋横で迎えた2日目の朝

CIMG1480.jpg
5:30起床
1800mを超える標高なので5月とはいえ凍えそうな程寒いかと思いきや、少し肌寒いぐらいでとても過ごし易かった。寝るにも丁度いい気温だった。持ってきたダウンの出番は無し。

CIMG1481.jpg
朝食とパッキングを済ませ、7:37八経ヶ岳方面に向かって出発。

CIMG1486.jpg
目指す八経ヶ岳を正面に捉えながら、歩きやすい登山道を進む。
天候は少し曇っているが、割と明るかった。

CIMG1498.jpg
8:09今回の目的地、八経ヶ岳の山頂に到着(1914.9m)
束の間、疲れを忘れて雄大な景色を楽しんだ。



CIMG1502.jpg
雲が低い位置に見える。さすが近畿最高峰。

CIMG1505.jpg
八経ヶ岳を後にして明星ヶ岳に向かう途中から、霧がすごい勢いで広がって来た。
歩くには問題ない視界だったし登山道からも外れてないが、念のため地図とコンパスで何度か方向を確認しながら進んだ。

CIMG1507.jpg
8:45明星ヶ岳到着。ここは道が分岐していて北は川合方面、南に向かえば釈迦ヶ岳だそうだ。
川合に向かう前に、せっかくだから明星ヶ岳の山頂を見に行く事にした。

CIMG1509.jpg
明星ヶ岳山頂(1894m)。霧のせいで景色は無い。

CIMG1511.jpg
「山は楽しい」と書いてある。まったく同感だ。

CIMG1513.jpg
分岐まで戻り、川合に向かって北へ進む。登山道に沿ってロープが張ってあるので道を外れることはまずないが、過信は禁物でコンパスと地図での進行方向の確認は怠らない。

CIMG1518.jpg
日裏山(1725m)を通過

CIMG1519.jpg

CIMG1520.jpg
皮を一部剥がされた木を多く目にするようになった。何かの動物か?

CIMG1525.jpg
頂仙岳に登ってみようと思って登山道から外れて南側から取りついてみたが・・・
野生の何かが出てきて襲われそうな気がしないでもない。

CIMG1527.jpg
所どころに巻いてあった古いテープを頼りに、途中でザックが邪魔になったのでその辺に置いて、空身で木の枝をかき分けて山頂付近までは来れたはずなんだが・・・
あまりの不気味さに無理をせず引き返した。

CIMG1530.jpg
12:50栃尾辻避難小屋 到着

CIMG1531.jpg
川合方面に向かっていくと通行止めの林道がすぐ左側に見える。
前日は気付かなかったが、林道と登山道を渡すはしごがあったので降りてみた。

CIMG1540.jpg
ちょ・・・なんじゃこりゃ

CIMG1547.jpg
山側は落石、谷川は地滑りの跡が酷かった。

CIMG1548.jpg
林道から登山道へ。いよいよラストスパートといきたい所だが、もう膝が言う事を聞かず立ち休憩が多くなった。

CIMG1552.jpg
最後の階段。ともかく2日間無事で過ごせて帰って来れた事を山に感謝。

CIMG1553.jpg
15:10村役場到着
来る時と帰る時、道の駅黒滝に寄って串に刺したこんにゃく(¥100/本)を食べたがこれが絶品!
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

初心者ハイカー

Author:初心者ハイカー
近畿の里山をのんびり一人歩き。
夏山よりは冬山の方に興味があります。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。