--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/12/16

ドイター・エアコンタクト75+10

雪山でテント泊をする為の大型ザックを購入した。
60~70ℓぐらいの大きさで、あとは背負い心地や中身の広さなど、店員さんと相談しながら買った。
 
前回購入したオスプレーのケストレル48は、ロクな確認もせず購入した揚句に長時間背負うと肩の筋肉が痛くて堪らなくなるので、今回は失敗したくなかった。

そして気に入って買ったのがこれ
CIMG1937.jpg
ドイター・エアコンタクト75+10
重量:2900 g .サイズ:90 / 40 / 30 (高さ×幅×奥行) cm

オスプレーのイーサー70と背負って比べてみたが、重りを入れた状態でエアコンタクトの方が軽く感じた。背負った直後に店員に、イーサーの時と同じ重さの重りを入れたか聞き直したぐらいだ。腰のフィット感が特に気に入った。
 
背面長もその場で調整してもらった。

CIMG1938.jpg
背中側。クッションがゴツイ。
 
ウエストベルトのポケットは右側しか無いが、ケストレルの時よりも手が届きやすい。ポケットの位置が少し前ぎみに配置されているからだと思う。

CIMG1941.jpg
内部はジッパーで分割できる。

CIMG1943.jpg

CIMG1945.jpg
雨蓋の高さを変える事で容量が増える。
大型ザックにありがちな、雨蓋を外してウエストバッグになるギミックは・・・ない。

CIMG1946.jpg
フロント部分をガバーっと開ける事ができるので、中間部の荷物が出し易い。

CIMG1947.jpg
もちろん底の荷物も楽に出せる。

CIMG1948.jpg
ザックの底にはレインカバーが標準で内蔵されている。
 
レインカバーも高いので、無駄遣いが多い俺にはコスト面で大きなメリットだった。
 
レインカバーの色は青。一見派手だがザックの色が茶/黒なので、雪山で猟師に動物と間違えられるのが怖い時はカバーを被せておけば安心なはず。

CIMG1951.jpg

CIMG1952.jpg
雨蓋の中は広くて物が出し入れし易い。
内部に仕切りがあって、表と裏側それぞれ分けて入れられる。

sDSC_0165.jpg

sDSC_0163.jpg
ケストレル48と並べてみた。さすがにデカイ。

sDSC_0166.jpg
雪山1泊分の大まかな荷物を入れてみた。

内容は
 スリーピングマット
 シュラフ
 テント
 着替え
 小物(ヘッドランプや電池・カイロ等)
 ソフトシェル
 アイゼン
 ゴーグル
 グラウンドシート
 水1ℓ
 食料適当に2日分
 魔法瓶0.3ℓ
 ワカン
 ストック
 テントポール
 三脚
 グローブ
 ガスカートリッジ
 バーナー
 テントシート(銀マット)

CIMG1954.jpg
75ℓだから余裕かと思いきや意外にカツカツだった。しかもこれにスノースコップも付ける予定なのだ。どこに付ければいいんだ?
 
今回パッキングした分で、重量はザックを含めて14.1kgとなった。着実に重量が増えとる。三脚とか遊び道具まで入って来た。

実戦投入は多分年明けになるだろう。担ぐのは大変だが楽しみになって来た。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ひろしさんへ

初めまして。
最近ブログを更新していなくて、返事が遅れました。
私の身長は174cm、体重は70kgです。
pagetop
プロフィール

初心者ハイカー

Author:初心者ハイカー
近畿の里山をのんびり一人歩き。
夏山よりは冬山の方に興味があります。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。