--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2013/01/14

武奈ヶ岳 雪山テント泊

日時 平成25年1月12・13日
天候 晴れ

ルート 坊村~御殿山~ワサビ峠~武奈ヶ岳 のピストン

先月、日帰りの予定で行ったが途中で引き返したので、今回は予定通り
テントを持って、時間に余裕を持って行って来た。

雪は予想よりもかなり少なかったが、週末には珍しく晴天に恵まれて
風も無く、色々試せた事もあってとても充実した2日間となった。

CIMG2040.jpg
9:40 坊村バス停を下りた直後。
あれ?雪すくね~と思って撮影。

CIMG2042.jpg
反対側のバス停は屋根や長椅子があるので、ここで身支度とストレッチをした。

CIMG2043.jpg
今回も忘れずに登山届を提出。

10:02スタート

CIMG2046.jpg
登り始めの斜面。
雪は少ないが凍っていて滑り易く焦る。
今回のテント泊用装備はザック込みで15kgとなった。これが多いのか少ないのかは分らないが、とにかくバランスが取りにくくて危険と判断。

CIMG2047.jpg
まだ土が多い道だが、堪らずアイゼンを履く。

CIMG2054.jpg
12:44 夏道と冬道の分岐。
どちらにも踏み跡があるが、尾根筋を歩く冬道に向かって直進する事に。

CIMG2060.jpg
最近サボリ気味だった地図読みの練習をしながら進む。

CIMG2067.jpg
尾根筋に出た所。小さいが雪庇だ。
雪庇を直に見たのは初めてなので、感動して暫くの間写真を撮りまくる。

CIMG2075.jpg
踏み跡の上を歩く事に少し飽きてしまい、ラッセルってどんな感じか試してみる事に。何事も経験と、踏み跡から少し離れてみる。

CIMG2078.jpg
大体スネ辺りまで潜る程度だが、場所によってはひざ~太ももまでハマった所もあった。初ラッセルを体験して感じたのは・・・・・
足がなかなか抜けね!

CIMG2074.jpg
しかもこんなに雪団子が付いてしまった。

何箇所か場所を変えながらラッセル体験をしていたら、結構時間をくってしまい少し焦りだす。

CIMG2080.jpg
御殿山の山頂少し手前、急に展望が良くなった。

CIMG2089.jpg
13:58 御殿山(1097m)山頂から武奈ヶ岳を眺める。
スタートから4時間・・・我ながら遅ぇ。

CIMG2095.jpg
少し下ってワサビ峠。
ここからまた登り返す。

CIMG2099.jpg
西南稜と呼ばれる尾根。

CIMG2103.jpg
武奈ヶ岳山頂間近。標高が低い割に木がほとんど無い。

CIMG2110.jpg
振り返って西南稜を眺めてみる。低山とは思えない見事な稜線。
素晴らしい山だ・・・

CIMG2126.jpg
15:04 武奈ヶ岳山頂。
スタートから実に5時間・・・一人じゃなかったら置いていかれるなこりゃ



CIMG2130.jpg
少し引き返して見晴らしのいい場所で幕営。
雪上で初のテント設営は案外上手くいった。風が無いおかげだな。

CIMG2137.jpg
沈みゆく太陽・・・山ならではの景色だ。

CIMG2135.jpg
うん?どこの山だ?持参した地図の範囲外なため特定できず。
伊吹山のスキー場かな。

CIMG2138.jpg
雪山体験その2。雪で水を作ってみる。
まず、クッカーにいくらか水を入れる。

CIMG2139.jpg
で、火を焚きながら雪を入れていく。

CIMG2140.jpg
おお、立派な水になった。
味は微妙だが、とりあえず腹は壊さなかった。

夜は手元の温度計で-3~-4℃を指していた。
シュラフは新しく購入したモンベルの#1だったので寒くは無い。

ただし雪による底冷えは、スリーピングマットを貫通してシュラフ越しにも感じ取れた。マットも替えんとダメかな・・・

CIMG2143.jpg
翌日5:10起床。外は余裕で真っ暗だ。

テントの中がひどい有様になっていた。

ちなみに入り口は、エスパースのオプションの吹き流しに換えて雪山仕様にしている。
慣れていないので出入りがしづらかった。

CIMG2148.jpg
6:40 雲海らしきものが見える。

CIMG2149.jpg
7:00下山開始。
今度はいよいよワカンを試してみる事に。

CIMG2152.jpg
沈み込みの少なさは勿論だが、それよりも足の抜けが楽な事に驚いた。

新雪の上を歩くのが楽しかった。

CIMG2153.jpg
9:21 無事下山。途中で多くの人とすれ違った。

武奈ヶ岳25年1月13日
帰りの途中で分岐を間違えてしまい、夏道に入ってしまう。

どうせ合流する事は分かっていたのだが、意図的に夏道に入ったのではなく『分岐を間違えて進んだ』事に自分で納得がいかずに、戻って冬道から下り直した。

スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

初心者ハイカー

Author:初心者ハイカー
近畿の里山をのんびり一人歩き。
夏山よりは冬山の方に興味があります。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。