--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2012/02/27

金剛山・葛城山ダブル登山

金剛山の隣には大和葛城山という山があって、標高は1,000mを下回るが金剛山と大差ない。
5月に鳥取の伯耆大山に登ってみたいので、トレーニングになるかどうか分からないがせめてこの2つの山を楽に登れるぐらいの体力は欲しいなと思い、金剛山と葛城山の縦走に挑戦してみた。

しかし・・・これは縦走じゃない・・・よな。
1度山を下りて隣の山へ登る事になる。呼び方はどうでもいいがとりあえずダブル登山と呼ぶ事にした。

ルートはまず金剛山をカトラ谷から登って、ダイヤモンドトレール(通称ダイトレ)で水越峠まで下りてそのままダイトレで葛城山に登った。

CIMG1035.jpg
ん?
カトラ谷は約3か月振りだが、こんなんあったっけ?

CIMG1036.jpg
なんとカトラ谷に入る所が工事中・・・
嫌々黒とが谷に変更しようか迷っていると、工事のお兄さんが迂回路を教えてくれた。感謝!

CIMG1037.jpg
黒とが谷へ向かう坂を少し登るとカトラ谷仮歩道の表示がある。後はロープと案内に沿って進む。かなり急斜面を登る事になる。

CIMG1045.jpg
当日は雨天という事もあり、迂回路はぬかるんでいてすぐに崩れる。

CIMG1052.jpg
ズボっと靴がはまり込んでしまった。

CIMG1059.jpg
このルート3回目にして初めて知った水場。
同じルートでも回を重ねる毎に周囲を見渡す余裕ができて新しい発見がある。これだから山歩きは楽しい。

CIMG1062.jpg
まずは金剛山 山頂着。あいにくの天候で視界はご覧の有り様。

CIMG1063.jpg
積雪はほとんど無いが、アイスバーンでつるっつる滑る。すぐ目の前でアイゼンを着けていない登山客が転んでいた。

CIMG1066.jpg
水越峠まで下りてきた所。所々で落石や土砂崩れの跡があって焦る。

CIMG1067.jpg
葛城山の山頂の少し手前。霧で視界が悪い。

結局金剛山の登り始めから葛城山の山頂まで、休憩や昼食を入れて6時間もかかってしまった。
大山は標高2,000mもあるので、正直こんな体力で登れるのか不安になってしまった。
しかし今はテント泊の練習(というか楽しいだけ)もしているので、なんとか5月には頑張ってみたい。

使用しているテントはエスパースのマキシムXという、自立式のシングルウォールテント。最近オプションの便利そうな前室フライシートが入荷して手に入れたので、近々またテント泊で試してみたい。
スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

pagetop
プロフィール

初心者ハイカー

Author:初心者ハイカー
近畿の里山をのんびり一人歩き。
夏山よりは冬山の方に興味があります。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。