--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pagetop

2015/03/01

兵庫県 氷ノ山

平成27年 2月28日
天候 晴れ
ルート 氷ノ山国際スキー場から東尾根ルートのピストン

s-P2280076.jpg
福定親水公園の少し手前にある、国際スキー場の駐車場。
駐車料金は平日一日500円、土日祝日は1000円だ。
ここからリフトを2本乗り継いでゲレンデに向かう。
福定親水公園~国際スキー場に向かう林道は除雪されておらず通行できなかった。

s-P2280077.jpg
リフトの料金は、登山者は表の一番下に記載されている「新登行リフト+パノラマリフト」となる。

s-P2280079.jpg
HPにはリフトの運行開始は8時30からと書いてあったが、8時頃から乗ることができた。
新登行リフト乗り場のチケット販売所は閉まっていたので、パノラマリフト乗り場の手前にある販売所でチケットを購入する事に。なのでここはチケット無しでリフトに乗り込んだ。

s-P2280080.jpg
十数年振りに乗るリフト。
新登行リフト(HPには新ビギナーリフトと記載されている)は短い。

s-P2280082.jpg
パノラマリフトの手前でリフト券を購入。

s-P2280083.jpg
100円のチケットが5枚綴りとなっている。
内訳は新登行リフトが片道200円、パノラマリフトが300円だ。

s-P2280086.jpg
パノラマリフトは長い。寒い。

s-P2280087.jpg
8時25分 氷ノ山国際スキー場ゲレンデ
ここで装備を整えて出発。

s-P2280126.jpg
東尾根登山口

s-P2280090.jpg
尾根に出るまでの序盤のルートは分かり難い。
赤いテープとGPSを頼りに斜面を登る。

s-P2280091.jpg
9時25分 東尾根避難小屋

s-P2280094.jpg
中盤の尾根道はスノーシューでは歩きにくかったので、アイゼンに履き替えた。
部分的にクラストしているのでアイゼンの方が歩きやすかった。

s-P2280097.jpg
広い斜面に出た所で再びスノーシューに履き替え。
しかし途中に四つんばいになって登る様な急斜面があり、柔らかい雪ではスノーシューはずり落ちるばかり。
グローブごと雪面に手を突っ込んで何とか登ったが、アイゼンのままなら雪面を蹴り込んでもう少し楽に登れたかも知れない。

s-P2280107.jpg
山頂手前、樹氷と霧で斜面が見渡せず少し迷ってしまった。
ようやく樹氷地帯を抜けてから振り返り、写真を一枚。

s-P2280108.jpg
12時21分 山頂避難小屋

s-P2280114.jpg
初めて中を覗いてみた。

s-P2280116.jpg
2階には布団や毛布もあった。
誰もいなかったので食事休憩をしようか迷った末、さっさと下りる事にした。

s-P2280128.jpg
国際スキー場まで下りてきて、帰りのリフトにて。
当たり前だがスキーやスノボならリフトは上りにしか使用しない。下りのリフトに一人ぼっち。
装備や格好で登山者と判るはず、と思ってみても何だか恥ずかしかった。

s-氷ノ山2015




スポンサーサイト
pagetop

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
pagetop
プロフィール

初心者ハイカー

Author:初心者ハイカー
近畿の里山をのんびり一人歩き。
夏山よりは冬山の方に興味があります。

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最新トラックバック
アクセスカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。